科学や数学、テクノロジーの体験を通して、子どもたちに技術の夢や楽しさを伝えるEWeek。復興支援の一環として、石巻市でロボットのプログラミング体験教室「ROBOLAB」が開かれました。

自分でロボットを動かそう!

2013年8月4日、「ROBOLAB(ロボラボ)プログラミング教室 ~ゴールを目指せ!車型ロボットを動かそう~」が開催。石巻地域の小学生11名と、IBMの社員7名でプログラミングについて学びました。

まずはエンジニアについての講義からスタート。講師役の社員が、エンジニアの職業とその仕事内容について説明し、「知識をためて考え、試し、結果を確認すること」の繰り返しの大切さを分かりやすく伝えていきます。講義のあとは、いよいよプログラミングの実践。一人一人がプラスチック製ブロックで車型ロボットを組み立て、動きを制御するプログラムをパソコンで作成。プログラミングした内容をロボットに送信して実際の動きを確認します。思い通りにいかない場合も、試行錯誤を繰り替えして動きを修正していくことで、課題解決の大切さを学んでいく参加者。はじめは直進だけの初級コース。慣れてきたら角はカーブのついたコースに沿ってロボットを動かす中・上級コースへと進んでいきます。開始時は緊張気味だった子どもたちも、流れが飲み込めてくると、作業台とパソコンを夢中で行き来し、自ら難しいコースにも挑戦するように。3時間にわたる体験教室の最後には「もう1回来てみたい人は?」という問いかけに生徒全員が手を挙げました。

EWeekとは

エンジニアズ・ウィーク(Engineers Week:略称 EWeek)は、もともとIBMなどの企業が協賛し、約20年前にアメリカで始まったプログラム。技術者自らが子どもたちに科学や数学、テクノロジーの面白さを伝えることで、エンジニアの仕事に興味をもってもらうための活動です。日本IBMでは、2006年から社会貢献活動のひとつとして取り組みを開始。EWeek Japanコミュニティーとして社員ボランティアを中心に、「ROBOLABプログラミング教室(パソコンを使ってレゴ・ロボットの動きを制御するプログラムを作る課題解決型授業)」「トライサイエンス(身近なものを使って子どもたちが科学の世界を楽しみながら体験できるように考案されたプログラム)」などで構成されたプログラムを行っています。2013年末までにイベントは450回以上実施、延べ2万5,000人の子どもたちが参加しています。

実際に手を動かして自分でものを作ることの面白さ、楽しさを学ぶことができるEWeekのプログラム。技術を通して子どもたちに夢と楽しさを伝えることで、将来大きな力となる人材の育成につながります。社会とともに歩むIBMの社会貢献の取り組みは被災地、そして日本各地で続いています。

photo:Thinkstock / Getty Images