触れた手に吸い付くような滑らかで柔らかい羊革のバッグ。表面は肌理(きめ)が細かくつんでいて、持ち上げた手に軽い。縫い目も一針ごとに丁寧に糸が通り、美しい仕上がり。使われている皮革は世界最高級と評されるエチオピア産シープスキンだ。
企画とデザインをしたのが「andu amet (アンドゥ・アメット)」を起業した代表取締役の鮫島弘子さん、製作はエチオピアの職人たちである。エチオピアで人気のフレッシュ・ジュースをモチーフにデザインした“ビッグ・ハグ”と名づけられたバッグのお値段は、約10万円。長期デフレ経済の日本で安値競争に慣れてしまった身には、驚くほど高価だ。それでもオーダーは増える一方で、今日注文しても手に入るまで1年半も待たなくてはならない。
今なぜ、エチオピアの素材で現地生産し、高価なバッグを作るのか。鮫島さんにandu amet(アンドゥ・アメット)にかける思いや、バッグ作りを通して見えてきたアフリカでの日本のプレゼンスなどについて語っていただいた。

前編はこちらから

人の善意や倫理観に訴えるエシカル・マーケティングでは、限界がある

――鮫島さんは皮革製品以外に、エチオピアのどんな産業に注目していますか?

鮫島 andu amet(アンドゥ・アメット)では自社工場で作っている革製品のほかに、素材やデザインも、製造過程も優れていると判断した現地の産品を買い付けて販売していますが、中でもストールは人気です。現地で“サバ”と呼ばれている化繊を使ったものですが、ハリがあり形をつくりやすいことや、日本にはないカラフルな色彩が特長です。
でも、そういったものをただ買ってきて売るのではなく、どう伝えどういう売り方をするかを考えることが重要だと思うんです。市場と生産地両方を理解しつなげる企画者が必要ですね。それをしないで、単に途上国の産物だから買ってもらえるだろうと、人の善意や倫理観に訴えるエシカル・マーケティングでは、限界があります。

工房の様子初期の頃は、「こんなビジネス・モデルではせいぜい10人しか養えない。もっとシンプルで誰でも作れるようなデザインにして大量に作れば、1,000人のエチオピア人が養えるはずだ。その方が社会的なインパクトがあり、貢献できる。君のやっていることは自己満足だ」といった批判もたびたび受けました。
確かにそうかもしれません。でも、そうやってたくさんの雇用を創出しても、その製品の価値が低く、大切に使ってもらえないのであれば、結局大量生産・大量消費になってしまい、ただ先進国を追いかけるだけになってしまう。私は、たくさんの人を直接雇用することができなくても、エチオピアのような途上国で、世界中の人たちが憧れるような一流品を作ることで、先進国の買い手たちはもちろん、エチオピアの人々自身の意識も変えることができれば、それは十分に価値のあることだと考えました。
「日本発、MADE IN AFRICAの一流ブランド」を目指すことは、エチオピアの人たちにとって全く新しい試みですから、1つの方向性を示すとともに、スタッフに働く喜びと誇りを持ってもらうことができていると思います。

アフリカでの日本のプレゼンスは薄い

――2014年1月半ばには安倍首相がエチオピアを訪問し、これまで以上の支援を約束しました。エチオピアでの日本の評価はどうですか?

鮫島 今までのところ日本のプレゼンス(存在感)はとても薄く、残念に思うことがたびたびでした。経済に与える効果としては今や中国の方が圧倒的に大きくて、太刀打ちできないほどです。アフリカ全体について言えることですが、日本や欧米は人道的支援が中心です。でも、中国は相手国の政策に関与せず膨大な額のお金をどんどん落とし、人も送り込みます。決断も速いので、現地に与える影響力はさらに大きくなります。中国だけではありません。最近は韓国企業が、エチオピアでも伸びています。高所得層の間ではサムスンのスマホを使うことがステイタスになっていますし、現代(ヒュンダイ)系の自動車工場では多くのエチオピア人が雇用されています。

2002年に私が最初にエチオピアに行ったときには、町を歩いていると「チャイナか?」と聞かれ、違うと答えると「ではジャパンか?」と言われました。最近は、「チャイナか?」と聞かれて「違う」と答えると、「ではコリアンか?」と言われます。「ジャパン」という言葉はまず出てきません。忘れられてしまったかのようです。

エチオピアの街の様子

――2009年に『アフリカを食い荒らす中国-チャイナフリック』というルポが出版されましたね。翻訳ものでしたが、中国がアフリカに大進出して、道路やビルやダムを建造し、そこにさながらチャイナ・タウンが出現し、工事が終わるとみんないなくなってしまう。現地の雇用や経済には貢献しないといった様子が書かれていて衝撃的でした。それに比べて日本は、政府の言う「謙虚に、礼儀正しく、誠実に」両国のためになる支援をしている、と思うのですが。

鮫島 最近の中国のやり方は、少し変わってきていて、その本に書かれているようなやり方ばかりではなくなってきていると思います。アフリカをマーケットとして見る中国の民間企業がどんどん進出していて、その結果として実際に現地でお金がまわるようになってきました。お金が回ることでマーケットも成長していきます。雇用も生まれます。どんな形であれ、BOP(ピラミッドの底辺)の人たちにまでお金が入っていき、貧困からの脱出につながるのなら構わない、というのが現地の気持ちなのでしょう。

――エチオピアには日本企業はどのくらい進出していますか?

鮫島 日本人が駐在し、法人格を持つ会社は2社だけです。商社を含めると9社ありますが、中国系企業は100社以上ではないでしょうか。在留邦人は240人(2012年)だけですが、中国人は2008年時点で既に7,000人いるといわれていました。街の中に中国や韓国製品の看板はよく目にしますが、日本製品の看板やネオンなどはほとんど見かけないので、「日本人か」と聞かれないのも無理はないかも知れません。
それは逆に言うと、日本にアフリカやエチオピアへの関心が薄いことでもあります。

世界を知れば日本の良さが分かる

――最後に、海外、特にエチオピアのような途上国で仕事をする上での秘訣を教えてください。

エチオピアの子どもたち鮫島 当たり前のようですが、現地の慣習や考え方、言葉を知ることはとても大切だと思います。
エチオピアの国民性は、シャイです。「外国人だから声をかけたいけれど、恥ずかしいな」とためらっている感じが、日本人の気質とよく似ています。ですから片言でもいいので現地のアムハラ語を覚えて話しかける。すると、向こうもにっこりとしておずおずと胸襟を開いてくれます。

在留邦人の数は240人と少数ですが、エチオピアで日本人が評価され対日感情がとてもいい理由に、アムハラ語を話せる日本人が多いことが挙げられます。私も協力隊員として滞在している間に覚えてしまって、2年経って帰る頃には英語よりもアムハラ語が通じるようになっていました。仕事をする上で、細かいニュアンスを伝えるには、私がアムハラ語を覚えた方が早いからです。自分たちの国の言葉を覚えようと努力していることを知り彼らが私を受け入れてくれ、言葉が通じるようになると、世界が変わるということを実感しました。

――外国に出て、初めて見えたことがありますか。

鮫島 日本のマスメディアだけからの情報だと見えてこない世界がたくさんあると知りました。世界には欧米とアジア以外にもたくさんの国があり(笑)、それぞれの国が素晴らしい自然や文化、歴史、課題を持っていること。その中には私たちが変えることができる課題もあること。そして世界を知れば日本の良さも分かること――よく聞く言葉ですが、本当にそうだと思います。

text:平松由美

鮫島弘子氏

さめじま・ひろこ
鮫島弘子

株式会社andu amet (アンドゥ・アメット) 代表取締役・チーフ デザイナー
東京出身。国内メーカーのデザイナーを経て青年海外協力隊デザイン隊員としてアフリカへ。エチオピアでファッションショーを企画開催、ガーナでフェア・トレード・プロジェクトを立ち上げるなど、ファッションに関するプロジェクトに複数携わる。帰国後、外資系ラグジュアリー・ブランドのマーケティング部にてクリエイティブを担当。
2012年2月、株式会社andu amet を設立。社名はアムハラ語で「ひととせ=1年」の意味。時間とともに商品に愛着がわき、1年ごとの積み重ねを大事にしたい、という気持ちを表現している。


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。