最新テクノロジーのビジネス活用を促進するため

昨今ビッグデータやアナリティクスなどの最新テクノロジーを使って、従来のビジネスを変革し、競争力を高めている企業が増えています。
その潮流は、クラウドの登場・進化によって、ますます大きな流れになっていますが、成功要因は、いかに素早く収集したデータを分析し、迅速かつ柔軟に市場動向や顧客のレスポンスに対応できるかという点です。

多くの企業では、新たなチャンスや脅威に対してクイックに対応することが困難な既存のITインフラという障壁を抱えています。とはいえ、現状のビジネスモデルを変革するには、既に利用しているERPやCRMをはじめとする業務系のアプリケーションを、新たなテクノロジーと組み合わせたり、ウェブやモバイルなどの新しいチャネルに対応させなければなりません。それも素早く、簡易に――

それを解決する手段としてIBMが開発したのが、コードネーム「Bluemix」と命名された統合環境です。

新たなアプリケーション開発環境「Bluemix」

「Bluemix」は、IBMのクラウドサービス「SoftLayer」上で提供されるPaaS(Platform as a Service)です。大きな特徴は、テンプレート化によって典型的なWebシステムの“パターン”が予め定義されているので、ユーザーは“パターン”を選択するだけで、最短わずか30秒ほどでアプリケーション実行環境を作成することが可能です。アプリケーション開発者が実行環境をセットアップする煩わしさから解放され、すぐにコードを動かし、動作を確認できるという利点があります。

さらに、Bluemixの中にはデータベース機能やビッグデータ解析機能など基本的な機能がサービスとして準備されていて、カタログから必要に応じてサービスを選択して、開発中のアプリケーションにすぐに連携できるようになっています。

米国のIBM本社からも、新機能の追加などBluemixを推進するために、今後10億ドル以上の投資がされることが発表され、以前ご紹介したIBMの質問応答システム“Watson”とBluemixとの連携も計画されているそうです。

5月21日(水)~22日(木)の2日間、ご紹介した「Bluemix」をはじめ、次世代ビジネスを生み出す主要テクノロジーやその活用事例を結集させたIBMソフトウェア最大規模のイベント「IBM Software XCITE Spring 2014」が東京・品川で開催されます。
21日(水)の基調講演では、グローバルのエキスパートが、Bluemixをデモを交えて紹介します。また、開催両日を通じて展示にてBluemix担当者に直接ご質問いただくことも可能です。

ビジネスを加速させる次世代クラウド・プラットフォーム「Bluemix」の真価を、「IBM Software XCITE」にて、ぜひ体感してください。

■IBM Software XCITE 2014
ibm.biz/xcite14md

セッション詳細
ibm.biz/xcite14mg

イベント概要
日時:2014年5月21日(水曜日)、5月22日(木曜日)
10時00分~18時15分(予定)

場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
(東京都港区高輪3-13-1)
→会場へのアクセス

参加費:無料 / 事前登録制

photo:Thinkstock / Getty Images