豪雨や高潮による洪水が頻繁に発生するアイルランド。海洋に関するビッグデータを活用し、洪水の早期予測などに活用するプロジェクトが展開されています。

ビッグデータを活かし、「スマートなガルウェイ湾」を目指す

アイルランドの国立海洋調査機関Marine Institute(海洋研究所)がガルウェイ湾で行っている「SmartBay Galway(スマートベイ・ガルウェイ)」プロジェクト。湾に関する様々なデータを収集し、制作や国内外の事業へ活用することで湾の将来的な発展につなげる、という大規模な試みです。

IBMは海洋研究所と協力し、ストリーム・コンピューティングを始めとしたプラットフォームの整備を行いました。データをほぼリアルタイムで提供できる新しい海洋監視システムが整い、早期の洪水予測や迅速な警報発令も実現しています。

さまざまな領域へのデータ活用を可能にしたIBMのソリューション

湾の各所に設置されたセンサーからは、温度や汚染度、波高や植物性プランクトンの割合といった情報が送られます。IBMの「InfoSphere Streams」は、これらのデータをストリーム・コンピューティングによって高速分析処理。流れてくるデータを順次処理するので、一旦データベースにデータを蓄える従来の方法に比べ、迅速な意思決定ができるのです。

これらの情報にはウェブポータル経由でアクセスできます。研究者に留まらず、企業や漁師、住民といった多くの関係者がオープンにアクセスできるようになったことで、海上の漂流物の移動経路や到達時間の予測、漁業や波力発電の研究開発など多方面でデータを活かすことが可能になりました。

高度なセンサーとリアルタイムの分析データで、水をスマートに管理するガルウェイ湾。水の監視システムにおいてテクノロジーを導入した先進的な湾として、ビッグデータが秘めるさまざまな可能性を見せてくれています。

photo:Marine Institute of Ireland