近年英会話を学ぶ留学先としてフィリピンが注目されている。
フィリピン観光省の調べによると、フィリピン全土には500を超える外国人向け英会話学校がある。フィリピンでは英語が第2公用語で、英語を話す人口は世界でも3番目に多い。アメリカ統治時代の影響が文化面でも色濃く残っており、発音もアジアの中ではアメリカ英語に近く分かりやすいといわれる。国民性も明るく親日的だ。
数ある英会話学校の中でも、創立5年目を迎えたCNE1(Carthel Native English 1 on 1 International Language institute of Carthel Science Educational Foundation inc.)は「スピーキング力」に徹底して重点を置いたマン・ツー・マン授業と、行き届いたきめ細かなサービスで知られる。宣伝をせず口コミだけでこれまでに1,700人超の卒業生を輩出している人気校で、留学費用も、授業料・食費・宿泊費など一切を含めて1カ月十数万円。フィリピン人、日本人、韓国人の理想に燃えた3人の青年が意気投合して共同で起業した活気溢れる語学学校だ。
CNE1では学習効果を上げるために、フィリピン留学中の授業だけでなく、ICTを駆使した留学前・留学後のフォローアップにも万全の態勢を敷いている。さらに将来に向け、英語・IT・雇用促進を一体化した新たな「ITパーク」構想も着々と実現に移しつつある。
5月中旬に来日したフィリピン人経営者のガーリー・ジェームズ・G・アレナス氏と日本人経営者の井坂浩章氏に、CNE1の人気の秘密、日本人と英語、将来構想や夢などについて語ってもらった。

前編はこちらから

ICTを活用した留学前予習と、帰国後のスカイプ英会話で留学効果をアップ

――CNE1ではフィリピンでの授業以外にも、ICTを活用した留学前の予習や卒業後のフォローアップ・プログラムが効果を上げていると聞きます。その内容をお聞かせ下さい。

井坂浩章氏井坂 スピーキングを正しく行うには文法、単語、発音という3つの要素の基礎力が必要です。当校に入学する学生さんの80%は初中級の方たちですが、将来さらなる上級を目指すには基礎力が欠けているケースが見受けられます。
そこで日本のある有名な予備校のカリスマ英語講師だった方が立ち上げた「ベリタスアカデミー」というインターネット予備校と提携しました。CNE1に留学する前に、スマホやパソコンを活用して基礎文法や単語を動画で学んでもらう仕組みです。さすがカリスマ講師、とても分かりやすいと評判です。中級以上の方にも忘れている部分の再確認になります。アプリは2,200語の単語用(1,000円)と文法用(1,200円)。これだけは自費で購入してもらいますが、CNE1に留学する学生さんは受講料は無料で受けられます。これでしっかり予習をしたうえで留学すれば、CNE1で連日徹底したスピーキングの実地訓練をしますので、見違えるような効果が期待できます。

ただ、問題は卒業後です。日本に帰って日常生活に戻ると、英語を話す機会が極端に減る人が多く、放っておくとせっかく上達したスピーキング力が退化してしまいます。そこで、やはりオンライン英会話の「ワンズワード」と提携し、スカイプを使ったオンライン英会話で教師と会話し、スピーキングの力を維持できるようにしています。
CNE1で授業を受けたフィリピン人教師を指名して、留学時の続きの授業を受けてもいいし、アメリカ人やカナダ人などのネイティブ・スピーカーを指名してもいい。1カ月6,800円支払うだけで、好きな時間に家に居ながらにしてマン・ツー・マンの50分授業を5回受けることができますので、忙しい人にも好評です。

日本人の英語上達に必要なことは、自分の考えを自信を持って話すこと

――英語を社内公用語にする日本企業が増えていますが、多くの日本人は英会話が得意ではありません。日本人留学生と接してきたご経験から、日本の英語教育にはどんな問題があるとお考えですか。

ガーリー・ジェームズ・G.・アレナス氏アレナス 日本の授業は教師が教室で一方的に教える方式が多く、英語という語学教育においても、求められるのはステータスの高い大学に進学するためのペーパー中心が多いと聞いています。しかし、これではピアノを学ぶのに楽譜を読むことばかりやっているようなものです。
さらに、学んだ英語を実際に使う機会がほとんどないので、言語的には日本語だけの国になっています。こうした状況にイノベーションをもたらすには、英語に触れ実践的に使う機会をもっと初期の段階から教育システムに取り入れる仕組み作りが必要だと感じます。

企業が英語を社内公用語にしても、日本人は他の日本人の同僚に英語で話しかけるのを気恥かしく感じていますね。でも、グローバル化はますます進展しており、欧米だけでなくアジアやアフリカの人たちとビジネスで渡り合う機会もどんどん増えていきます。M&Aでいつ自分の隣の席に外国人が配置されてくるかも分かりません(笑)。世界の共通語である英語を話すことを照れてばかりはいられないんじゃないでしょうか。

――最近のフィリピンはアジアの中でも経済成長が目覚ましい国ですが、それも、いまフィリピンで英語を学ぶ利点の1つなのでしょうね。

井坂 フィリピンの2013年の経済成長率は約7%で、中国に次いでアジアで2番目でした。近年フィリピンには、ビジネス・チャンスを求めて世界のビジネスマンがたくさん訪れており、内需も不動産を始め大きく成長しています。人口は現在約1億人で平均年齢は22~23歳と若いので、これが豊富な生産労働人口と旺盛な内需を支えており、今後も成長を続けるでしょう。
CNE1もビジネス英会話のコースを充実させ、ロールプレイを中心にスキル強化に対応しています。

動き始めた「ITパーク」構想

――CNE1では英会話教育と連動して「ITパーク」構想をお持ちと聞きます。どのような計画なのでしょうか。アジアではインドがITのアウトソーシングやソフト開発で急成長してきましたが、フィリピンにはどのような優位性があるのでしょうか。

アレナス 近年アメリカのIT企業や金融機関などは、相次いでコールセンターをインドからフィリピンに移し、今やフィリピンは世界一のコールセンター大国となっています。これはフィリピンの人件費が安く、英語の発音が分かりやすいだけでなく、アメリカとの文化的な共通点があり、お客様の話の聞き方が柔軟で共感する力があるからです。また、インドより通信インフラが整備されている点や、進出企業への優遇制度も、フィリピンが近年コールセンターだけでなく世界から注目され経済発展をしている要因となっています。

さらに、ITは英語と非常に親和性が高く、フィリピンは若い労働力に溢れているので、訓練すればITのアウトソーシングやソフト開発でも強みが生かせると思います。

「ITパーク」構想は、私たちが日本のIT関連企業との懸け橋となって、地元にIT産業を育て、雇用促進につなげたいという思いで計画しています。
経済成長をしているといっても、フィリピンの地方はまだ雇用が少なく優秀な若者が溢れています。一方で、日本は高齢化と生産年齢人口の減少が大きな問題となっています。お互いが助け合える良いチャンスを作りたいと考えています。

井坂 既に青森県八戸市にあるインターネット調査などを代行するノーザンライツ社が当校のキャンパス内に年内に進出し、業務の一部をアウトソーシングすることで合意しました。これが私たちの「ITパーク」への進出第1号で、地元フィリピン人4人の雇用が新たに生まれます。現地の人件費は日本の10分の1。マニラなどと比べ、オフィス・コストも格安ですからそれも日本企業にとって好都合です。今後も会計・税務など付加価値の高い分野のアウトソーシングを充実させていくつもりです。

私たちはITパークのために光ファイバーを自費で引きました。将来は、英語でプログラミングやWEBデザインが学べる職業訓練校も開設する計画です。そうすれば日本のIT企業の社員は当校で英会話を学びながら、現地の人に英語で技術を教えることができます。
また、CNE1の卒業生の中には、アジアで就職をしたり起業したりする人も増えています。私たちはそのサポートもしていますので、卒業後ITパークで、実践型インターンとして、技術を身に付けながら、英語力をブラッシュアップすることもできます。フィリピン人としばらく一緒に働き、海外で働くウォーミングアップをしてもらうのもいいのではないかと思っています。

日本とフィリピンの距離は航空機で成田から4時間、関西空港からは3時間半です。時差も1時間です。両国民がお互いに学び合い、一緒に働く環境を作り出したいですね。

教育こそが貧困や汚職などすべての問題解決につながる道

――日本とフィリピンの関係は、企業進出や貿易面だけでなく、外交や安全保障でも親密度を増しています。両国の関係はどのような形で発展するのが望ましいとお考えですか。

アレナス これまで日本はフィリピンに多くの経済支援をしてくれました。高速道路や橋、学校などの社会インフラです。遅かれ早かれ日本は外国人に対してもっと門戸を開くことになるでしょう。日本政府はフィリピンなどアジアからの観光ビザを緩和する方向にあると報道されています。外国人に労働市場を開放する動きも大歓迎です。

日本に来れば学ぶことがたくさんあり刺激が得られます。外国人に日本の技術や文化、世界一のマナーを知ってもらう良い機会になります。きちんとした挨拶、感謝の言葉、譲り合いの精神、ゴミ1つない清潔な街路など、日本人自身はごく当たり前のことと思ってやっていることが、外国人には驚きです。彼らはそれを帰国後自国の人たちに賞賛とともに語り広めるでしょう。

――アレナスさんは、名門のアレナス一族のご出身です。将来は政治家へと期待する声も多いようですが、ご自身の将来像をどのように考えておられますか。

アレナス 現在もCNE1の経営や父の経営する学校のバイス・プレジデントなどをしていますし、今後も何らかの形で教育界にいることは間違いありません。私は教育こそが貧困や汚職などすべての問題解決につながる道だと思っています。
政治家になる機会もありましたが、その道は選びませんでした。実は27歳の時、Aralという教育分野の政治団体の代表をしていた関係で、国会議員に当選したことがありました。しかし、CNE1を創立したばかりでしたし、父も政治家になるのは反対で、悩んだ末に結局、辞退しました。将来、もし教育分野から政界進出をすることがあるとしても、若いうちはもっともっと現場で足腰を鍛えたいと思っています。いずれにしても、世の中を変えるつもりで、ノンストップで内外の教育の改革に取り組みたいと考えています。

text:木代泰之

ガーリー・ジェームズ・G.・アレナス氏

ガーリー・ジェームズ・G.・アレナス
Garry James G. Arenas

CNE1共同創業者 兼 CNE1フィリピン代表
1983年、フィリピン・ダグパン市生まれ。ファーイースタン大学(フィリピン・マニラ市)で心理学学士号を取得。Specialist Group Hospital and Trauma Centerにて人事担当ディレクター(2004~2010)、Aral政党リスト(政治団体)創立者 兼 議長(2006-2010)、CNE1共同創業者 兼CNE1フィリピン代表(2010~)、Carthel Science Educational Foundation 最高執行責任者(COO)、学生課バイス・プレジデント(2012~)、フィリピン共和国中部ルソン地方タルラック州 国際課ディレクター(2012~)などを歴任(兼任)。

井坂浩章氏

いさか・ひろあき
井坂 浩章

CNE1共同創業者 兼 CNE1日本代表
1973年大阪府堺市生まれ。大学で心理学を専攻。カリフォルニア大学 アーバイン校にて、マーケティング・プロフェッショナル資格認定プログラムを終了。ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、グアテマラ、シンガポール、マレーシア、フィリピンの7カ国に約3年間留学。アジア環太平洋を中心に世界25カ国を旅行。海外生活6年。出版社、IT企業勤務後、CNE1を共同起業(2010~)。


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。