日本の少子化の流れが深刻化している。総人口に占める子どもの割合は、2005年の合計特殊出生率(以下、出生率)1.26を底に、2012年現在の数字では1.41と少し改善したものの、世界でみると最低水準だ。総務省は50年後の日本の生産労働人口が現在の半分になると試算した。つまり、単純計算すればGDPも半減することになる。
政府の専門調査会は、出産・子育て支援への予算を倍増し、50年後も1億人程度の人口維持を目指すとの数値目標を示した。しかしそれを達成するには、現在の出生率1.41を2030年までに人口置換水準の2.07~2.08に上げなければならない。
出生率向上への対応は待ったなしの状況だが、解決の糸口はあるのか。日本の事情に詳しく、日本とフランスの懸け橋として活躍するドラ・トーザン(Dora Tauzin)さんに、出生率向上に取り組んできたフランスの例を挙げながら、そのヒントを語っていただいた。

前編はこちらから

ユニオン・リーブルがもたらした新しい家族のかたち

――事実婚や婚外子については、難しい問題もあるのではないでしょうか。

ドラ・トーザン氏ドラ 確かに問題はあります。フランスでは離婚率が50%以上にのぼります。
嫌になったのに一緒にいる必要があるだろうか、我慢しながら自分の人生を無駄にしていいのか、仲の悪い両親のもとにいて子どもは幸せだろうか、とフランス人は考えます。離婚することに、日本ほどためらいはありません。

子どものいるカップルが離婚すると、だいたい母親のほうに子どもが行き、父親は子どもに会いたくても会えないという問題がありました。そこで、父親の権利として、週末に会ったり、日数を決めて子どもを父親の家に宿泊させたりできる制度ができました。子どもが両方の家を行ったり来たりするので、子ども部屋が別れた両親のどちらにもあるというケースもあります。どのようなシステムにするかは裁判で決まります。

――離婚しても、子どもを介した関係は続くということですね。

ドラ フランスでは「ファミーユ・ルコンポゼ」(La famille recomposée:複合家族)と呼んでいますが、別れたパートナーとの間に生まれた子どもや、現在のパートナーの連れ子、前のパートナーの新しい連れ合いの子どもなどが交流しあう新しい家族関係が生まれています。「ファミーユ・ルコンポゼ」という言葉は、ちょっと前の辞書には載っていません。
最近では、普通の家庭より複合家族のほうが多くなりました。だいたい週末は、いろいろな関係が入り交じって時間をすごすというのが、新しい家族の姿になっています。

――複雑な家族関係のなかで、子どもがナーバスになったりすることはないのですか。

ドラ 日本ではよくそのように質問されます。もちろん、子どもが小さいときは大変です。家を替わるときは悲しいし、日曜日になると変な気分になるという子もいます。
でも結局、子どもにとっても幸せな親たちがいたほうがいいのです。愛のなくなった両親のもとでは、子どもはつらいばかりです。だから、うまくいかなくなったら離婚したほうがいい。それに伴う問題の受け皿として、複合家族はうまく機能しています。親には離婚したというわだかまりがあるかもしれませんが、生き方として柔軟だし、子どもにとっては開かれた関係のなかで血の繋がった同士が会えてうれしいようです。

フランス人の優先順位は「幸せ」にあります。それが満たされれば家族もうまくいくし、子どもともうまくいきます。そうすると、社会も国もうまくいくというのがフランスの考え方です。
フランスのいいところは、社会の変化に応じて法律や制度をどんどん書き換えていくことです。複合家族も、その1つです。日本は良い国で私も大好きですが、このような考え方も1つの参考にしていただければと思います。

――フランスの社会は日本のはるか先を走っているという感じですね。

ドラ おもしろいテレビ・コマーシャルがありました。ルノーの8人乗りのワンボックス・カーで、父親が週末に自分の子どもや先妻の子ども、現在のパートナーの連れ子などを次々と拾い、一緒に遊びに行ったり、あちこちに送り届けたりするというもので、「これからのファミリー・カーは8人乗りでないと間に合わないよ」というわけです。
私の友人も、複合家族になって車を替えなければなりませんでした。週末になると、いきなり大人数になってしまいます。子どもは新しい仲間ができ、にぎやかなので楽しそうだと言っています。
子どもたちが通う学校を真ん中にして、それぞれの家庭が住むという複合家族もあり、そうした家族のかたちはフランスではすっかり定着しています。

女性が安心して働き、出産・育児ができる日本に

――人生を楽しむことの好きなフランス人はあまり働き者のイメージがありませんが、実際にはどうなのでしょう。

ドラ・トーザン氏ドラ フランス人はクォリティー・オブ・ライフ(QOL)を大切にするので、定刻には仕事を終えてオフィスを出ます。日本のように、他の人がいるから残るというようなことはしません。残業は、必要なときはしますが、そうでなければしません。オフとオンがはっきりしており、プライベートはプライベート、仕事は仕事と割りきっています。
仕事をするときは無駄なことを排除して集中します。
また、日本のように会社が終わってからも飲みに行って仕事の話をするようなことは、フランスではありません。ランチの時間に仕事の話をすることはありますが、夜の時間には考えられません。
1週間の労働時間がわずか35時間のなかからGDP世界5位の生産性を生み出しているのですから、フランス人は働き者と言っていいと思います。

そうは見えないかもしれませんが、フランスの単位時間当たりの生産性はヨーロッパで1位です。多くのフランス人はまじめで、サイエンスのレベルも高く、仕事をさせるとかなりしっかりやります。
生産性の高さにはITも貢献しています。現代社会ではITなしに生産性を上げることはできません。文化を大切にするフランスはテクノロジーの利用について積極的でないイメージがあるかもしれませんが、実際にはITを非常にスマートに活用しています。だから、短時間で仕事を片付けることができるのです。

日本では、処理しなければならない細かい仕事がたくさんあり、それが長時間労働の原因となっていると聞きます。日本の男性の長時間労働は、結果として家事や育児の負担を女性に押し付けており、出生率の低さにも繋がっています。第一、アムールのための時間がなければ、子どもも生まれませんよね(笑)。最近の日本の若い人たちは、ワーク・ライフ・バランスを大切にするようになっているようですが、とてもいいことだと思います。

――50年後には生産年齢人口が半減するかもしれない日本にとって少子化は大きな問題ですが、ドラさんはどうすれば良いとお考えですか。

ドラ まず、子どもを安心して育てることのできる環境を整えることです。また、女性の能力が十分に活用されていないと思います。
日本の女性は高学歴で、能力もあり、しばしば男性よりエネルギッシュです。それなのに、出産・育児を選ぶと多くの人が仕事を辞めてしまいます。そして1人は出産しますが、2人目、3人目は諦めてしまいます。

――先ほどもお話が出たように、子ども1人につき2,000万円の教育費がかかることを考えると、どうしても2人目を生む勇気は湧かず決断は難しいですね。フランスのように教育費が大学まで無料であれば、それだけでも出生率はかなり上がると思いますが。

ドラ おっしゃる通りですね。また、子どもからある程度手が離れてから仕事を探そうとしても、給料が安く、本人にとっては興味もないようなパートしか見つからないということになりがちです。これでは、せっかくの女性の能力が活かされません。男性より優秀な女性を私はたくさん知っています。そのような人たちが自分の力を十分に活かしきれないのは、本人はもちろん、日本の社会にとっても大きな損失です。

特にこれからの日本社会は、少子化でマンパワーが不足するのですから、すばらしい女性のノウハウや能力を活用しなければ大変なことになります。女性が安心して仕事も出産・育児もできるよう環境を整え、1人ひとりが自分らしい豊かな生き方ができる社会にすることが、出生率向上の基本だと思います。

text:佐藤 譲

ドラ・トーザン氏

ドラ・トーザン
Dora Tauzin

パリ生まれ。国際ジャーナリスト、エッセイスト。
ソルボンヌ大学応用外国語修士号取得後、パリ政治学院(Institut d’Etudes Politiques de Paris, Sciences-Po)成績優秀者の認定を受けて卒業。5カ国語を話し、ベルリン、ロンドン、ニューヨークで暮らした経験をもつ。 国連広報部勤務後、NHK教育テレビ「フランス語会話」に5年間出演。慶應義塾大学講師などを経て、現在、東京日仏学院、アカデミー・デュ・ヴァンなどで講師を務めながら、日本とフランスの架け橋として、各種メディアで執筆、講演、イベントの司会などを行う。テレビ、ラジオ番組のコメンテーター、レポーターとしての出演も多い。朝日新聞で「Doraのドラ猫ボンジュール」(07-08年)、東京新聞で「本音のコラム」 (09-10年)を連載。著書に『ママより女』(小学館)、『パリジェンヌ流 今を楽しむ! 自分革命』(河出書房新社)など多数。文化庁より長官表彰(文化発信部門)。
http://www.doratauzin.net/
https://www.facebook.com/dora.tauzin.official
ドラ・トーザン氏書籍紹介


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。