アインシュタインの訪日とハーン体験

金子 務(大阪府立大学教授)

 ハーンが来日して横浜に上陸するのは一八九〇年(明治二十三)四月、そして亡くなる一九〇四年(明治三十七)まで十四年間を日本で過ごした。ハーン来日から三十二年後、アインシュタインが神戸に上陸したのは、秋も深い一九二二年(大正十一)十一月十七日のことであった。そして、門司から離日する十二月二十九日までの四十三日間、日本各地にアインシュタイン・ブームを捲き起こした。

 上陸当時、ハーンがカウボーイ・ハットのようなカーキ色のソフト姿でダボダボの上下服、両手にスーツケースと鞄というひっそりとした姿であったのにくらべ、アインシュタインは黒いソフトに黒羅沙の背広姿を茶褐色の霜降りコートに包んで、悠然とパイプをくゆらしていたのは、季節の違いばかりではあるまい。改造社が、バートランド・ラッセル、サンガー夫人についで三番目の賓客として当時の金で二万円という礼金(往復旅費、滞在費を含む)で招待したのだし、すでに当時のアインシュタインは、理論物理学者として世界的なポップスターとして、人気も抜群であった。押し寄せる記者団、歓迎団その他、賑々しい神戸上陸風景であったのである。

 日本郵船北野丸の社交サロンで開かれた洋上での記者会見で、日本訪問の目的について尋ねられたアインシュタインはこう答えている。

―それは二つあります。一つは、ラフカディオ・ハーンなどで読んだ美しい日本を実際に自分の眼で確かめてみたい―とくに音楽、美術、建築などをよく見聞きしてみたい―ということ、もう一つは、科学の世界的連繋によって国際関係を一層親善に導くことが自分の使命であると考えることです。

 この記者会見で訪問目的の第一に、ハーンの日本を実見したいということを挙げていることがまず注目されよう。これは単なる儀礼的発言ではない。それこそアインシュタインが訪日を決意した第一の要因であったからである。

 いくつかのデータを挙げておこう。

 一つは、改造社の意を受けて、一九二一年九月から十月上旬にかけて、ベルリンの市内レストランやアインシュタインのアパートで接触した室伏高信の証言がある。室伏は後年政治評論家として活躍するが、この頃すでに民本主義の論客として頭角を現わし始め、この年はアメリカを経てイギリスに渡る途次、改造社特派員の形でアインシュタイン招聘のための最初の接触をしたのである。

 その室伏は、『改造』大正十一年十二月号の、いわゆる「アインシュタイン特集号」に、「アインシュタイン会見記」を寄せ、ベルリンの高級住宅街クルヒュルステンダムほどではないが、「学者や俸給生活者やその他のプティ・ブルジョアの住む」瀟洒な一角、シェーネベルヒのアパート五階に博士を訪ねた模様を詳しく綴っている。

 室伏がまず通された部屋はアインシュタインの書斎であった。といってもきわめて本が少ない。室伏は自分の蔵書の「三分の一か四分の一ぐらい」しかない、といって驚いている。それでもその一角にはアインシュタインの相対性理論の本が、さらにはマッハ、プランク、ポアンカレ、ミンコフスキーなどの著書が並んでいたのを目撃している。机はピカピカの立派なもので、大きな望遠鏡が一台と義娘の写真が飾られていた。

 やがてアインシュタインが現れ、雑談していると、「アルバート、アルバート」といいながら二年前に再婚した従姉のエルザ夫人が入って来て、三時の茶の用意ができた旨を告げ、居間に通された。十四、五畳もある広い明るい居間で、一角にはピアノが、また別の隅には重厚な家具が置かれ、別の机の上には、中国、インド、日本あたりの輪入の陶磁器類が数十となく並んでいる。「みな子供の玩具のようなもの」というから、人形などであったのだろう。

 しかし、こういう東洋の陶磁器人形を初めとして、壁には「東洋趣向の絵」がかけてあり、出された「茶器や菓子器もまた東洋趣味のもの」であったことに注目している。それは室伏に、アインシュタイン家が「贅沢だとの感じを与えたのではなくて、むしろ彼の趣味の豊かなことを語っているようにも思われた」としている。とくにハーンとの関係を思わせるアインシュタインの東洋ないし日本への好奇心を、室伏はこう綴っている。少し長いがそのまま引用しよう。

アインシュタインは小供のような無邪気さをもっていました。小供をほんとうに愛しえられる人は彼自身が小供心でなければならないように、アインシュタインは全く純真な小供心でいるように思われるのです。彼の態度は非常にゆったりとしています。しかし彼の目は始終夢みているように、幻想そのものであるのです。口元も小供のように愛くるしいところがあって、その声さえも九つか十の子供の声だと思われるほどであるのです。

 “東洋人はみな小さい。人が小さいから家も小さいだろう。どんなに小さいか? どんなに小さい家だろう!”

 彼はこういって私に尋ねるのです。自問自答もするのです。東洋の家がいかに小さいものであるかということを想像して、そこに彼自身の美しい東洋の空想を描きながら、なんともいわれない喜びを感じているのです。ただ家だけではない。東洋人の一切の生活が彼にとっては美であるのです。……彼は東洋の人ばかりでなく、その自然の美を想像しています。山、川、土、草、木、動物、それらのものがいかに西洋のそれと異色のものであるかは、彼の想像のうちに常に往来しているのです。……彼はイタリアよりも、スイスよりも、日本の山川風景に憧憬しています。

 ”私はもうかなり広く旅行した。アメリカは私にはとても堪えられない。私の行きたいと思うのは東洋だけである。東洋! インド! 中国! 日本! 彼方への旅行がどんなにか美しい旅行であろう! インド洋の熱度、私には健康の自信が十分にある。日本へ行くならアメリカからではなくて、いくら遠くても、いくら暑くて、私はインド洋から行きたい。小さい人、小さい家、見たことのない植物と果物!”

 彼の目はこうした想像に満たされていたのです。彼は東洋の音楽や文学のことなどにも深い好奇心をもっていた。……

Einstein2_1229

 この引用にはハーンの名は出てこないが、ハーンが来日して書いた『日本の面影』(一八九四)で、横浜上陸の新鮮な第一日の印象をまず「小人の国」から始めていることを思い出させてくれる。アインシュタインがハーンのどの本を読んでいたかは後述するが、東洋、なかんずく日本への心情的エキゾチズムにおいて、ハーンとアインシュタインが通底していたことは間違いない。

 もう一つ、訪日の動機についてアインシュタインが公的に記した文書が残っている。それは当時の駐日ドイツ大使ゾルフヘの応答という形で記されたものである。なぜそのような文書が必要になったか、若干説明を要するだろう。

 それはベルリンの法廷に立った松葉杖も痛々しいユダヤ系新聞記者、マキシミリアン・ハルデンが、同年七月に自分を襲撃した右翼二名の容疑者を裁く場で、「アインシュタイン教授が日本へ行ったのは、ドイツでは身の安全が脅かされていると考えたためである」と証言したのが発端であった。それは直ちにロイター電として日本の各紙に掲載された。その記事に驚いたゾルフ大使が、それを否定する答えを期待して、電報で、宮島の巌島神社などに遊んでいたアインシュタインに「余はそれを取消す全権を委任するよう要請した」のである(翌一九三三年一月三日付ゾルフのドイツ外務省宛報告書)。

123