テクノロジーが世界を変えています――IBMが現在展開しているマーケティング・キャンペーン”Made with IBM”では、クラウド、データ、モバイル、ソーシャル、IBM Watsonなどを活用してビジネスを変革し、新しい価値を創造している最新事例をフィーチャーしてご紹介しています。
その中に、エピソディック・ゲームの分野で話題を集め、全世界で多くのファンを持つアメリカのゲーム開発企業、Kuma Gamesがあります。IBMのクラウドはゲーム業界に、何をもたらしたのでしょうか。

至高のゲーム体験を提供するKuma Games

Kuma Gamesは、さまざまなエピソードで構成され、ゲーム上で物語が展開されていく「エピソディック・ゲーム」を次々にリリースしています。ニュースやケーブル・テレビで提供された実話に基づくストーリーを臨場感のある3D体験として毎週数百万人のユーザーに届けるため、どんなに多くのユーザーが同時にプレイしても、リアルなグラフィックと高いパフォーマンスを維持し、シームレスな体験を世界中のゲーム・ファンに提供し続ける必要があります。

2002年の設立当時はこうした開発を可能にする柔軟性と信頼性、拡張性を兼ね備えたシステム環境は存在していませんでした。しかしIBMのクラウドを採用することで、開発スピードの速さも、ゲームそのものの持つ可能性も、圧倒的なパワーを持つことになったのです。
CEOのキース・ハルパー氏は「クラウドのおかげで、多種多様なゲームを世の中に送り出すことができます。そのうちのどれかがヒットした場合でも、インフラは需要に応じて効率的に対応できます」と、ビジネスモデルの変革をもたらしたクラウドの重要性について言及しています。

最新の知見が詰まったゲーム開発者向けサイト「GG」を公開

クラウド、アナリティクス、セキュリティ、開発環境など、1億3千万人以上のユーザーを支えてきたIBMテクノロジーを紹介し、ゲーム・デベロッパーの成功をあと押しするメディア「GG(Good Game)」が、9月1日に開設されました。
ゲーム業界を取り巻くコンピューター・テクノロジーがよりパワフルになり、ゲーム開発のスピードも、成長のサイクルも早くなった現在、開発者が必要とするノウハウも、より高度なものになっています。

「GG」では、SoftLayerやBluemixなどIBMが提供するインフラや開発環境、ユーザーのデータ分析などのテクノロジーや事例の紹介をはじめとした、ゲーム・ビジネスの成長に役立つ情報を提供していきます。また、IBMは9月2日から開催される日本最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス CEDEC 2014 にも出展し、ゲーム開発に活用できる最先端ソリューションをご紹介する予定です。

GG | Good Game presented by IBM
https://gg-web.jp/

公式サイト | CEDEC 2014 | Computer Entertainment Developers Conference
http://cedec.cesa.or.jp/2014/index.html

photo:Thinkstock / Getty Images