2078_maion

クレジットカードの歴史をひも解くと、1958年にバンク・オブ・アメリカがVISAの前身であるバンクアメリカードを発行、アメリカン・エキスプレスが1959年にクレジットカードのシステムを導入し、日本でも1961年にJCBが登場している。しかし他の先進国と比べて、日本はクレジットカードの利用が遅れており、今なお現金での決済が一般的だ。
しかし近年、SquareやPayPal Hereのような、日本の現状を変える可能性を持つモバイル決済サービスが次々と登場してきている。これらはカードリーダーを装着したスマートフォンやタブレットでクレジットカードを読み取って決済を行うシステムで、手数料も3%台と控えめなこともあり、小規模な店舗でも導入しやすい。
クレジットカードが使えるシーンが拡大しつつある現在、今後の買う、売るといったフローがどのように変貌していくのか。クレジットカード決済サービス「Coiney」を提供しているコイニーの佐俣奈緒子社長にお話を伺った。

前編はこちらから

わかりやすさがCoineyの評価につながった

――Coineyが一番大きく評価されたと感じる部分を教えてください。

佐俣 私たちは「現金決済を置き換える」という至上命題を掲げていて、そこには大きな市場が潜在していると考えています。この市場のもつポテンシャルが、世界を変えたいと思っている投資家の方々に評価された部分だと思います。

コイニー

現金市場がどのようなプロダクトによって置き換わるのかということは、実は些末な問題なのかもしれません。金融と決済の仕組みとインターネットを組み合わせたサービスは多々ありましたが、クレジットカードの情報を読み込むためのハードウェアまで開発・提供するカードリーダーを自分たちで製造し、提供している会社は存在していませんでした。そのため、「コイニーはサービスを提供するだけでなく、それに必要なモノ作りもやります」という点も、高く評価されたと思っています。

――ソフトとハードを一体として提供するサービスなので、わかりやすく伝わったということですね。それは、導入される店舗の方にとっても、わかりやすいメッセージになっていると感じました。

佐俣 そうですね。投資家に対するメッセージとお客さまに対するメッセージは少し違っているんですが、解決したい問題の本質は同じです。それを投資家の方々のモチベーションになる言葉で表すのか、お店の方々にとって使ってみたいと思う言葉で表現するかの差だけなんです。

物理的な通貨が消えた世界

――民宿やペンション、小さい店舗にもクレジットカードの決済システムが行き渡ったら、世界はどのように変わると考えていますか?

佐俣 これからの決済ソリューションは、インターネットで繋がったものが必須になると思います。だとすると、一般消費者側のシステムも同時に発展していくはず。どこにいても現金を持ち歩く必要がなくなり、そしてお財布を持たない世界がやってくるのではないかと思います。また特定の商店街のみで使える商品券などもデジタル化されて、いまは紙を使って提供されているサービスも、我々のサービスなどに組み合わさっていくのではと考えています。

通貨の歴史は、もともとそれほど長いものではありません。最初は物々交換からはじまり、歴史の中で国家が通貨を管理するという流れになったのですが、ビットコインなど、国家以外が通貨を発行するようになった現在、既存のシステムが崩れようとしているのではないでしょうか。通貨自体が物理的に存在する必要はないという時代になるのかもしれません。

もちろん一気に変わるということはないでしょう。通貨を渡すという行為に対する安心感も残り続けるかもしれません。でも徐々に、現金からカードなどの決済に置き換わっていくのは間違いないと思いますね。

起業したければ今すぐしよう

――ファブレスなメーカーが増えてきているなか、Coineyは日本での先駆けの1社でもあります。製造に携わるエンジニアと直接やりとりすることも増えたと思いますが、コミュニケーションはどのようにとっているのでしょうか?

佐俣 私は、モノ作りをするのも初めてです。だからどうやって作るかが、まずわからない。彼らが話す用語もわからない。ですから全部のミーティングに出てわからない用語を書き出して、一つひとつの意味を教えてもらいました。またハードウェアのプロセスについても教えてもらいました。興味を持って接していると、エンジニアもいろいろ答えてくれるので、より理解が深まっていきましたね。

――さまざまな国籍の方がいると思うのですが、多国籍な考え方が集まることでのメリットとデメリットはありますか?

佐俣 ありますね。カルチャーレベルでそれぞれの考え方・捉え方がバラバラなので、働き方のイメージもバラバラ。だから会社として、どのような形で働くのが正しいのかを提示する必要がありましたが、そのマネージメントが難しい。良かれと思ってしたことが、隣の人にとっては全然違っていたということもあります。ただそうは言っても、それ以上にいい面のほうが多いように思います。たとえば、海外の最先端情報や研究結果の情報をいち早く知ることができますし、新しいものを作るときには、多角的に見た方がいろいろな意見が出てきますから。

coiney_4_140829

いま、Coineyには約8カ国からの社員がいるのですが、多様性が広がってくると、採用の幅が広がります。だから、このあと海外進出することになったとしても、そんなに気構えることはないと思います。アプリを英語化することになっても、自然にできる状態ですから。

――最後に会社員から起業したご経験から、同様に起業したいと思っている人にアドバイスはありますか?

佐俣 いますぐやったほうがいいですね(笑)。私も22歳くらいの頃から、いつか起業したいと思っていたのですが、結論としては、早いに越したことはないと感じました。

会社員でいることと、経営をすることは、まったく別です。どれだけ優秀なマネージャーやプレーヤーであっても、会社員のままで経営を学ぶのはまず無理です。現場の責任者として会社の事業を進めていくことと、起業家として事業を進めることは、別のことなんですね。もし経営がやりたいのであれば、早く始めて早く失敗した方がいいです。また年を重ねていくと守るものが増えていく。制約条件が少ないうちに失敗を繰り返した方が、最終的な成功率は上がってくると思うので、具体的なイメージがあるなら、いますぐ起業したほうがいいと思います。

text:武者良太

佐俣奈緒子氏

さまた・なおこ
佐俣奈緒子

コイニー株式会社代表取締役社長
大学在学中の2009年よりペイパルの日本法人立ち上げに参加。入社後、主にビジネス向けのマーケティングを担当し、2010年にアジア・パシフィック地域での優秀社員賞を受賞する。
2011年にペイパルを退社し、2012年にコイニー株式会社を設立。代表取締役社長に就任し、クレジットカード決済サービス「Coiney」をスタート。現在にいたる。


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。