東日本大震災が発生した2011年、個人からの義援金や支援金などは総額5000億円を超えたといわれる。さまざまな復興事業に使われる一方で、「私が送った1万円は結局何に使われたのか分からない」という声も多い。
「東日本大震災の時はツイッターなどで大勢の人が情報を迅速に共有できた。情報はピアto ピアでボトムアップになっていたのに、肝心のお金の流れだけはトップダウンで、相変わらず。必要な時に必要な人になかなか届かない。そんな支援に対するお金の流れの透明性や迅速性を、ネットを使って何とかうまくシステム化できないものかという思いもありました」。そう語るのは、日本で初めてインターネットを通じた支援金集めのサービス、クラウドファンディングを始めたREADYFOR株式会社代表取締役の米良はるか氏。
2011年4月のサービス開始から3年半以上がたち、さまざまなプロジェクトを支援するために集まった支援金は累計で8億4,000万円を超えるなど、国内最大のシェアを誇る。
2011年、米良氏はダボス会議に日本人として史上最年少で選ばれ参加した。
「資金がないからできない、ではなく、人々がもっと気軽に誰かの夢を応援できるように。そして、応援した側も楽しめて、自分の夢に向かって走り出せるような社会にしたい」という米良氏に、クラウドファンディングにかける思いを聞いた。

前編はこちらから

その時代の最善のツールにいち早く“張れる”か
うれしかった父親からの言葉

――サービス開始から順調に事業が育ってきていますが、これまでで苦労された点は何ですか。

米良はるか氏米良 私はもともとビジネスや起業に全く興味がなく、ゼロからのスタートだったため、何からどう手を付ければいいのか分からず、正直、大変でした。ふつう、企業に入れば、何かしらやるべき仕事が用意されていますよね。ところが、私は「何をやるか」を考えるところから始まったので、すべてが未知の領域でした。ただ、すべての業務をゼロから立ち上げなければならなかったので、いろいろと経験できてその意味では良かったと思います。

1つ良かったのは、ユーザーだけに向き合い頑張れた点です。組織に属してしまうと、報告書やプレゼンテーションづくりに追われてしまって、誰に向いて仕事をしているのか、分からなくなるのではないでしょうか。その点、ユーザーと直接向き合っているので、私がやったことで、数字が上がらなければ、それは私のやり方が間違っていたということ。それらを早い段階で気づくことができたのが良かったと思っています。
何かを始めると、すぐに反応があって、反応が良ければその事業に踏み切る。悪ければ考え直す。そのように市場にフィードバックを早くかけられることが決断の速さにもつながるので、良かったと思います。

――確かにネットのビジネスというのは、すぐにフィードバックが得られ、数字が出ますね。

米良 今の時代だから、ネットを使ったやり方が良かったのだと思います。30年前には別のやり方があったでしょう。その時代時代に最も世の中を変えられるところに“張れる”かどうかだと思います。

実は、私が起業して半年ほどたった時、父親に「僕がはるかの時代の人間なら、はるかと同じことをすると思うよ」と言われました。父も、自分で事業をしているので、私の起業を応援してくれているのですが、この言葉は本当にうれしかったです。自分のしていることに自信を持てました。

私は人の思いを多くの人に届けたいと思っています。例えば30年前、父親の時代に、多くの人に声を届けられるツールはマスコミや広告などだったでしょう。それらのツールを通さなければ届かなかった声が、今は、ネットというツールで誰でも世界中に声を届けることができます。私は私の時代の最善のツールを使って、人の思いを言語化し、伝えていきたいですね。

1人でも多くの人が夢をかなえられる世界に
自分が生きた証を残したい

――2014年7月にはREADYFOR?のサービスを会社組織にしました。これからの課題は何でしょうか。

米良 いろいろあります。例えば、元気な60代、70代の方々にも、もっと広げていきたいと思います。地域や世代によって、広がりが難しい面もありますが、その世代の人たちは本当に元気でパワフルな方が多い。だから、応援する立場だけではなくて、実際に「夢に向かって走る」側にもなってほしいと思っています。

また、日本では米国のアメリカンドリームのように、「俺は将来100億円のビジネスを始めるから、お金ちょうだい!」というのは嫌われますよね。大きな夢を応援したいとは思っていても、日本では自力で地道にコツコツと努力した人が好まれる傾向があります。日本には日本なりの見せ方があると思うので、そういったものもどんどん工夫していきたいと思います。

――将来的には、資金を提供する、という意味で、投資や株と同じような、インキュベーション的な役割になっていくということでしょうか。

米良はるか氏米良 私は事業として大きなものを創りたいというよりは、多くの人が今の物理的環境にとらわれず、さまざまな夢を実現できるようになってほしい、という思いが根底にあります。日本にはまだ、投資のリスクの部分まで分かった上で、ベンチャー投資して成功する人というのはそんなに多くないし、これからもそんなには増えていかないと思っています。私は、一部のリテラシーがある投資家たち、一部の優秀な人たちだけが分かる仕組みをつくるのではなく、「誰もが実行者であり、支援者である社会をつくりたい」と思っているのです。

人は誰しも、何かのきっかけで大きく変われる。誰もがそういうポテンシャルを持っていると信じています。1人でも多くの人を、ファースト・ステップからセカンド・ステップに持っていくことに快感を覚えます。そして、そのことで社会を動かせたらいいなと思っています。
1度きりの人生じゃないですか。だから、誰もがチャレンジできる環境をつくるために、邁進していきたいと思っています。

text:深井久美

米良はるか氏

めら・はるか
米良 はるか

READYFOR株式会社 代表取締役
1987年生まれ。2010年、慶應義塾大学経済学部に在学中、「あのひと検索スパイシー!」の開発に携わり、「あのひと応援チアスパ!」を立ち上げる。卒業後は、2012年同大学院メディアデザイン研究科に進学。米スタンフォード大学に留学し、クラウドファンディングサービスの研究に没頭。帰国後、大学院在学中の2011年4月、日本初のクラウドファンディングサービスREADYFORを立ち上げる。以後、READYFORの統括責任者としてチームを牽引、日本最大のクラウドファンディングサービスにまで育て上げる。2012年には世界経済フォーラムグローバルシェイパーズ2011に選出され、日本人史上最年少でダボス会議に参加。2014年7月、READYFOR株式会社代表取締役に就任。「国・行政のあり方に関する懇談会」のメンバーも務めている。


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。