リアルタイムに行われる意思決定支援

膨大な情報の中から必要なものを見つけ出し、解析、評価、そして予測まで行うことで、人間の意思決定の手助けをしてくれるコグニティブ・コンピューティング・システム。そのひとつである「IBM Watson」が実際に日常の中に取り入れられたら、私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。
その一例をご紹介しているのが、こちらのコンセプトムービーです。

 

 

舞台は、とあるレストラン。「IBM Watson」のエージェントである「コグ」は、対話や五感でのインタラクションを通じて、お客さまのメニュー選びや、ビジネスに関する情報提供・判断などのサポートを、リアルタイムで的確に処理していきます。

自分自身であらゆることを学習し、進化を続ける

コグニティブ・コンピューティング・システムの特徴は、まるでヒトの脳のように働くこと。収集した多種大量のデータを瞬時に処理するだけでなく、ヒト特有のあいまいな問いかけにも自ら仮説を立てて、推論・予測をすることが可能です。
さらにその過程で、収集したデータや情報、知識の意味を解釈・学習して、継続的に自分自身を再プログラミングしていきます。つまり、ヒトとのインタラクションを通じて、自動的に進化を続けるシステムと言えるのです。
そのようなコグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」が拓く未来を、ぜひご覧ください。

photo:Thinkstock / Getty Images