膝の痛みに苦しむ人は全国に850万人いると言われる。大部分を占めるのは半月板や軟骨がすり減る「変形性膝関節症」の患者だ。これまで半月板は1度すり減ると2度と元に戻ることはないと言われてきた。そこに真っ向から挑戦し、幹細胞による半月板の再生を目指す医師がいる。東京医科歯科大学再生医療研究センター長の関矢一郎教授だ。
関矢教授が着目したのは、これまで膝の手術でゴミ箱に捨てられていた滑膜。これを培養して大量の幹細胞を採取し、膝の患部に注入して組織の再生を促す。iPS細胞による再生医療とともに国家プロジェクトに選ばれ、2014年8月からは、いよいよ半月板再生の臨床治療がスタートした。
「高価な人工材料や薬品を使わず低コストで、しかも手術の痛みや大きな傷を残さず、できるだけ多くの患者さんを膝痛から解放してあげたい」と言う関矢教授に、再生医療の成果や今後の見通しを聞いた。

前編はこちらから

再生医療の治療を受け積極的にスポーツをされている人も

――「変形性膝関節症の治療が究極の目標」だそうですが、研究は今どこまで進み、見通しはいかがでしょうか。

関矢 変形性膝関節症の患者さんへの再生医療は、正直なところ容易ではありません。その理由は、第一に再生すべき部位が複数あることです。膝にはこまかく分けると、内側、外側、お皿と3つの関節面があり、内側だけとっても大腿骨側の軟骨、内側半月板、脛骨側の軟骨という3層になっていて複雑です。
第二に変形性膝関節症には必ず原因があります。加齢、肥満、アライメント異常(O脚やX脚)、外傷、半月板機能不全、遺伝的要因など多様です。ですから、現状ではすべての変形性膝関節症を再生させることは不可能なのです。しかし、あるカテゴリーの症状なら再生や予防が可能ではないかと考えて、取り組んでいるところです。

その1つに半月板の逸脱があります。半月板の部分切除後、あるいは加齢とともに、半月板が中心からはずれるようになり、逸脱が起きます。すると半月板の機能が低下し、軟骨の摩耗が早くなります。この症状は40~50歳代から多く見られ、変形性膝関節症の大きな原因になっています。関節鏡手術で半月板を元に戻し、細胞移植をすると軟骨が再生することが期待できます。

もう1つの再生医療が可能な症状は、中等度の内側型変形性膝関節症です。典型的な変形性膝関節症では膝の内側の隙間が狭くなります。ひどいと隙間が完全になくなってしまいますが、そこまで行くと人工膝関節しかありません。半月板がまだ残っている場合には、再生医療が可能と考えられます。50歳代の男性のケースでは、骨切術でO脚を矯正するときに細胞移植を行ない、1年後には軟骨が再生しました。この方は積極的にスポーツをされています。

欧米の再生医療に比べ肉体的にも金銭的にも患者に負担が少なくシンプル

sekiya_2-1

――ところで膝関節の再生医療は海外でも研究が活発ですが、日本の基礎研究や臨床応用のレベルはどのあたりに位置しているのでしょうか。

関矢 よく言われることですが、日本は基礎研究がとても盛んな割に臨床に至るケースは海外に比べて少ないのが現状です。
欧米で行われている軟骨の再生医療は軟骨細胞移植が中心ですが、これにはいくつか問題があります。正常軟骨を採取するので患者さんへの侵襲を伴ないます。さらにコストの問題があり、欧米ではだいたい200万~300万円ぐらいかかります。肉体面でも経済面でも負担がかかります。

日本では軟骨細胞移植に健康保険が使えますが、残念ながら変形性膝関節症には適用になっていません。その理由は、変形性膝関節症の患者さんがあまりにも多いことがあげられます。また部分的に直してもO脚の人や、半月板がない方はまたすぐ悪くなってしまう。ですから何らかの外科的手術と組み合わせなければ、軟骨細胞移植はできません。

そこで、私たちが目指しているのは、患者さんにとって低侵襲でかつコストが欧米よりはるかに安い、そんな変形性膝関節症の再生医療なのです。私たちの方法は培養法が単純で、高価な薬品類や人工材料は使わず、シンプルに行います。

車イスで入院した患者さんが整形外科の治療で元気に歩いて退院される姿に感動

――ところで、関矢先生はどのような理由で整形外科の道に進まれたのですか。また、膝関節の再生医療一筋に歩んでこられた原動力は何だったのでしょうか。

関矢 整形外科を選んだ理由は3つあります。1つは私の祖父が大工で、父が建設業だったことです。ノミとかトンカチとか幼いころから見慣れていて、整形外科もそういうモノを使うので親しみがありました(笑)。

2つ目は若いころから患者さんのクオリティ・オブ・ライフを改善すること、今の言葉で言えば、健康寿命を延伸させることに強い関心がありました。実際、車イスで入院した患者さんが整形外科の治療によって元気に歩いて退院する姿を見ると、いまでも整形外科医になってよかったと思います。

3つ目は、大学受験の浪人中に作家・渡辺淳一さんの『白夜』を読んで、整形外科医の世界に魅力を感じたことです。渡辺さんも整形外科医で、『白夜』は自叙伝です。医学部に入る前から作家になるまでが描かれていて、当時から整形外科医に親近感を覚えていました。ちなみに今は、やはり渡辺さんの『鈍感力』を、つらいことがあるときに読んでいます。

大学病院では医師は専門のグループに分かれますが、私は膝足グループに属しています。再生医療だけやっているわけではなく、人工関節の手術などもしています。臨床医をやっていると、限界を感じることが多々あります。例えば高校生の半月板を切除しなければいけなくて、軟骨がその後、傷むのを目の当たりにしなければならないこともありました。50代以降の人では膝の痛みを訴える患者さんが本当に多い。こういう方たちを何とかしてあげたいという気持ちが、軟骨や半月板の再生医療に取り組む原動力になったと思います。

医学研究は臨床を目指していかないと患者さんに還元されない

――再生医療を志す若い研究者や医師たちに、先輩として一言、お聞かせください。

関矢 常に臨床を意識した研究をすることが大事です。医学研究は臨床を目指していかないと患者さんに還元されません。私は研究者であると同時に臨床医でもあるので、新しい治療法で患者さんを治し、感謝されるような生き方をしたい。そういうときの達成感や充実感は何物にも代えられません。すでに症状が進んだ方は難しいのですが、この方は将来きっと膝が悪くなるなと分かるケースがあります。そういう人をできるだけ早く治療して、変形性膝関節症にならないようにしてあげたいと思います。

テキスト:木代泰之

関矢一郎氏

せきや・いちろう
関矢一郎

東京医科歯科大学 再生医療研究センター長/応用再生医学分野教授(兼任)
1964年生まれ
1990年 東京医科歯科大学医学部卒業
東京医科歯科大学整形外科 医員。その後、整形外科医師として、のべ10カ所の病院で勤務
1996年 東京医科歯科大学大学院入学
2000年 東京医科歯科大学大学院修了
2000年4月 MCP Hahnemann University (米国 フィラデルフィア)留学
2000年7月 Tulane University, Gene Therapy Center (米国 ニューオリンズ)にて研究
ポスドク(Director Dr. Darwin J. Prockop)
2002年7月 東京医科歯科大学大学院運動器外科学 助手
2006年6月 東京医科歯科大学大学院軟骨再生学 助教授
2011年4月 東京医科歯科大学大学院軟骨再生学 教授
2013年4月 東京医科歯科大学再生医療研究センター長 教授
2013年6月 東京医科歯科大学応用再生医学分野 教授 (兼任)


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。