これはゲームか現実か?テクノロジーの未来を予感させた「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」

 「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」は、ライトノベルをはじめ、アニメ、ゲームでも世界的な人気を誇る「ソードアート・ オンライン(SAO)」と日本IBMのコラボレーションにより実現した体験型のVR(バーチャル・リアリティ)イベントです。

VR空間で繋がれた他の参加者たちと共に、イベント参加者自らをスキャンした3Dモデルでゲームを体験できるこの革新的なイベントは、わずか208名(追加募集を含め228名)の参加人数に対し、およそ10万人もの応募が殺到しました。果たして参加者たちはテクノロジーが導く未来を感じることができたのでしょうか。

「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」とは?

160415_SAO-B_02 160415_SAO-B_03

2016年はVR元年と呼ばれるほどVR技術の世界が活気付いています。Sony Computer Entertainmentがヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」の製品版を2016年10月に日本国内で発売すると発表したことも記憶に新しいですが、FacebookやAppleといった企業もVRへの投資を加速させ、Googleが新しいVRヘッドセットを開発しているというニュースも流れるなど、名だたるテック企業がVR市場に名乗りを上げています。

そんな中、2016年3月に開催された「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」は、ライトノベル、アニメ、ゲームで世界的な人気を誇る「ソードアート・ オンライン(SAO)」と日本IBMのコラボレーションにより実現したVR体験型イベント。小説内では2022年にサービスを開始する、仮想現実大規模多人数オンライン(Virtual Reality Massively Multiplayer Online、VRMMO)ゲーム「ソードアート・オンライン」が、原作者の川原 礫氏監修のもと実は2016年にアルファテストを行っていたという誕生秘話を、ウェブサイトで展開するとともに、VRMMOゲームの世界観を体験することができました。

白衣のスタッフ、大掛かりなVR装置……会場はさながら「謎の研究所」のよう

160415_SAO-B_04 160415_SAO-B_05

都内某所に特設されたイベント会場では、「SAO」の象徴的アイテムとも言えるVRマシン「ナーヴギア」が設置され、秘密研究所さながらの雰囲気といったところ。

白衣を着たスタッフに促されるまま3Dスキャン撮影を終えると、あっという間に自分そっくりのアバター(ゲーム内キャラ)ができあがります。なお、VRコンテンツ内では「コグ」が持ってきてくれるアイテム「手鏡」を使用することで自らのアバターを確認することができました。

アルファテストで使われるVRマシン「ナーヴギア」は、視覚と聴覚のみのプロトタイプという設定で、ヘルメット状のVRマシンをすっぽりかぶり、センサーがついた専用のシューズを履くことになります。ゲーム世界に入る前は、「ナーヴギア」に取り付けられたカメラで周囲の様子を見ることができたためか、思ったより閉塞感はありません。しかしいったん「ナーヴギア」を付けゲームの世界に入ってみると、歩き回ることができる街並みや敵キャラクターの精密な描写によって、一気に世界観に没入できるようになっています。

「SAO」作中で描かれるVRMMOゲームの世界そのものは、架空の技術を用いたもので、現在の技術での再現は不可能です。しかし今回のイベントは、最新のテクノロジーと、IBMの高性能クラウド・サービス「SoftLayer」を組み合わせることで、作品の世界観をどこまで再現できるのかに挑んでいます。

今回のイベントは、4人のプレイヤーが同時にプレイする方式。日本アイ・ビー・エムでクラウド事業統括テクニカルサポートを担当するクラウド・マイスター安田智有部長によると「今回のイベントで使っているシステムは、3Dキャプチャーデータを用いながらも、そのまま、同時プレイ人数を数千人、数万人といった規模への柔軟な拡張ができる環境として作り込んである」とのこと。こうしたシステムを構築する際の SoftLayer の優位性としては、指定したデータセンター内で、任意のスペックの物理サーバー(ベアメタル)を専有でき、より細かなチューニングが可能である点が大きいとも話してくれました。

もうひとつ、ゲーム内ではIBMが提唱するコグニティブ・コンピューティングの未来像をイメージさせる存在として、ナビゲーターの「コグ」というキャラクターが登場します。今回の「コグ」には、実際の技術としてコグニティブ・コンピューティングは使われてはいないものの、経験から学習し、自然な対話ができるコグニティブ・コンピューティングの未来像を予感させるものとなっています。

圧巻の没入感。なにもかもビッグスケールなVRの世界

160415_SAO-B_06 160415_SAO-B_07

「ナーヴギア」を装着してからは、すぐにゲーム世界に入ることになります。原作でもプレイヤーたちの出発拠点であった「はじまりの街」。その街の中心となる広場からアルファテストはスタートします。VRの世界での動き方は、先述したコグニティブ・コンピューティングをイメージしたキャラクター「コグ」によるガイドですぐに理解できます。その場で足踏みすれば「はじまりの街」を縦横無尽に歩き回れますし、腕のジェスチャーで武器を振るったり、メニューを開いたり。同時にプレイしている参加者のアバターの動きや音声チャットもリアルタイムで反映されます。各ナーヴギア間でやりとりされているデータは大量になりますが、これらはすべていったん「SoftLayer」のクラウドを経由して処理しています。

VRマシンとモーションキャプチャーの没入感は相当なもの。ステージに登場する巨大な扉、そして自分の身の丈の数倍はあろうかという敵キャラクターの「グリームアイズ・ジ・アンセスター」の巨体は、文字通り見上げるかたちになりますし、大きく腕を動かしての攻撃や防御といったアクションは、ゲームコントローラーとはまったく異なる感覚をもたらしてくれます。

これだけの大規模イベントを実施した理由とは?

160415_SAO-B_08 160415_SAO-B_09

アルファテストと銘打たれたこのイベントには、SAOシリーズの原作者である小説家の川原礫(かわはら れき)氏も参加し、「まさに自分の想像していた世界で、あと30分くらい遊び続けていたかった」と語ってくれました。しかしながら、IBMではこれを商用の製品・サービス化する予定はないとのこと。

この理由について、日本アイ・ビー・エムでマーケティング&コミュニケーション コミュニケーション&ブランドエクスペリエンスを担当する山口有希子本部長は、次のように説明してくれました。

「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM は、最新テクノロジーを利用してどこまで仮想の世界が実現できるかにチャレンジしたプロジェクトです。この機会が、テクノロジーが実現するワクワクする世界、SoftLayer やコグニティブ・テクノロジーが拓く未来の可能性について考えるキッカケになってくれたらと思っています」

テクノロジーがもたらす未来への可能性を体感してもらうためにIBMが選択したコンテンツが「ソードアート・オンライン」。これは現実であってゲームではない。

関連記事