「フィンテック」サービスの拡充で変わる金融業界

「FinTech(フィンテック)」という言葉をご存じでしょうか?

「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語で、技術の力で新たな金融サービスを生み出そうという動きを意味しています。昨今、家計簿から資産運用まで、幅広い領域でフィンテックにより新しいサービスが生み出されていますが、ここへ来て、大手銀行などの業界にもその波が広がりつつあるようです。

銀行へ向けた「共通API」を提供

2016年2月24日、日本IBMはフィンテックへの取り組みの一環として、銀行に向けた「FinTech共通API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の提供を開始しました。

このAPIは、新しく生み出されるフィンテックサービスと既存のインターネット・バンキングをアプリケーション間で接続し、残高照会、入出金明細照会、口座情報照会などを可能とするものです。銀行の標準的なAPI仕様である「BIAN(Banking Industry Architecture Network)」に基づいて設計されていて、オープンかつ汎用的であることも大きな特徴の一つです。

利用者が安心してサービスを利用できる、強固なセキュリティーを実現

現状、多くのフィンテックサービスでは、銀行側のシステムに何らかの変更が生じた場合、即座に対応することができず、エラーが発生してしまうことがありました。

一方、「FinTech共通API」は銀行側のシステムに仕様変更が生じても、迅速に対応することが可能です。アプリ間を接続する際に新たなインターフェースを個別に設計する必要もなくなり、アプリ開発の時間やコストが削減できると期待されています。

また、金融に関するサービスを利用する上でセキュリティーが重要な懸念事項となりますが、「FinTech共通API」では、認証の仕組みとして「OAuth」というオープンな認証プロトコルを採用。利用者のIDやパスワードを銀行が認証した上でFinTechサービスの利用を許可する仕組みにより、強固なセキュリティーを確保しています。

フィンテックにより金融業界に革新的なサービスが生まれることで、私たちを取り巻く世界は今よりもさらに便利なものとなっていくことでしょう。近い将来、紙幣やコインが姿を消す日がやって来るかもしれません。

photo:Thinkstock / Getty Images