市長という役職は、「HUB」であり、「プラットフォーム」である—。2009年、全国最年少市長(当時)として初当選し、現在2期目にある千葉市の熊谷俊人市長は自らの役割をそう例える。日本を代表するIT企業の社員から市議を経て市政のトップに転身した熊谷氏。日々のTwitterで市民との対話を欠かさず、自らの選挙ではネット上にカンパ資金なども逐一開示するなど、ICTを駆使して活躍する若き自治体トップの一人だ。
その熊谷市長が中心になって千葉市が進めているのが、行政におけるビッグデータの活用やオープンデータの推進。既にスマートフォンなどを利用した「ちばレポ(ちば市民協働レポート実証実験)」も始まっている。「行政が保有するデータを二次利用が可能な形で公開し、社会が効果的に利活用できるようにすれば、新たな価値が創造できる」と意欲を見せる。

前編はこちらから

「ちばレポ」で市民と行政が一緒に住み良いまちづくりを

――最近始まった取り組みに、「ちばレポ」というものがありますが、実証実験の状況はどうですか。

熊谷 「ちばレポ」は、正式名称を「ちば市民協働レポート実証実験」といい、市民参加型の取り組みです。市民と行政がともに取り組むことで、スピーディーで低コストの課題解決を目指しています。

従来は緑地帯へのゴミの不法投棄とか、公園の遊具の破損などがあった場合、自治体がパトロールなどをして発見し、撤去や修理等の対応をしてきました。「ちばレポ」では、そうした問題を発見した市民には直ちにスマートフォンなどを使って写真付きで投稿してもらっています。その内容を市が分析し、検討したうえで速やかに対応しますので、将来的にはパトロールの人件費も削減できます。投稿されたレポートは、「受け付けました」「対応しています」「処理しました」と進捗状況がオープンになっており、投稿して下さった方はもちろんのこと、一般の方誰もが市の処理状況を確認していただける仕組みになっています。

また、「ちばレポ」に参加された人にポイントが付くなどのインセンティブを考えています。例えば、グッド・レポーターとかレポート・マイスターとして表彰し、市長との対話会などの機会に表彰したいと思っています。

――ただ、スマートフォンなどの機器使用が前提となれば、若い世代が中心で、高齢者の参加は難しくなりますね。

熊谷 131210_kumagai_01もちろん従来の窓口や電話での受付も継続します。すべてが切り替わるわけではありません。「ちばレポ」は忙しいなどの理由で実際に活動できない若い人たちが、まちづくりに参加できる仕組みの1つです。まちづくりの考え方や、市民と行政とのかかわり方も、時代とともに変わっていくのではないでしょうか。

――他にも何か具体的に考えていらっしゃるサービスはありますか。

熊谷 「あなたにお知らせサービス(仮称)」を考えています。自分がいま受けられる行政サービスは何か、ということをネット上でお伝えする仕組みです。市政だよりや新聞を見ないと分からないサービスがたくさんありますが、それを見逃すと知らないままになってしまいます。自分が知りたい分野などを事前登録することで、現在受けられるサービスは何か、ネット上で一目で分かる仕組み、もしくは新しいサービスが始まった時に携帯メールに通知が来るようなものを考えています。国のマイナンバー制が始まる3年後を目途に、進めていきたいと思っています。

歴史は人類が歩んできたデータそのもの

――市長自ら先頭に立って、精力的にICTを駆使した改革に取り組んでいらっしゃいますが、役所の中で反発はないのでしょうか。

熊谷 私が10年前に同じことをやったら反発があったかもしれません。時代の流れもあるのでしょうが、今は比較的受け入れてくれています。私は市長になった当初からブログを通してさまざまなメッセージを送ってきました。市民の皆様だけでなく、職員がブログを読むことで、いろいろな施策について「次はうちの課もその取り組みが始まるな」と心構えもできます。市政の方向性が常に見えることで、仕事の効率も上がるようです。

――学生時代から歴史がお好きで、戦略の重要性について考えていらしたとか。

熊谷 歴史は人類が歩んできたデータそのもの。戦略立案やその後の展開など、歴史的視点はさまざまな面で参考になります。歴史をしっかり分析して、今後に生かすことが人類の知恵につながると思います。特に、失敗の歴史を分析することが大事ですね。会社員時代はよく、「逆線表」で、いろいろなプランを考えました。最初にエンドラインを決めて、いつまでにこれをするためには、この時点でどうすると目標を設定する。市長になる前も、自分が市長になったらという仮定のもと、1期4年、逆線表で構想を練っていました。

――ところで、2009年に市長に当選された当時、千葉市は財政破たん寸前で、さまざまな思い切った改革をされましたね。

熊谷131203_kumagai_02 就任当時、お陰さまで私は圧倒的な支持をいただきました。だからこそ、その支持が強固な時期にしかできないことから着手すべきと判断していました。
ICTによるオープン・ガバメントを推進する一方で、千葉市の財政が全国政令都市最悪の状況下、就任直後に「脱・財政危機」宣言を発し、市民から反発の出そうな各種補助金や老朽化した公共施設の継続保有の見直しなどに次々と着手しました。既得権益化しやすいものでもあるので、その効果や必要性などの検証を行い、廃止すべきものは打ち切る。各種公共事業の見直しや外郭団体の統廃合、市長を始め市職員の給与カット、人員削減なども実施しました。

それとともに、市税徴収率増加、資産経営やサービスの適度な有料化と歳入確保を打ち出し財政健全化へと邁進した結果、ようやく財務指標に好転が見られるようになったのです。

こういった思い切った改革には、当然反発も大きかったのですが、市の財政再建は、民間企業出身で、しがらみのない自分しか実行できないという思いで、市民の皆様にも職員にも説得をし、徐々に理解を得て突き進みました。

今は2期目に入り、1期目とは立場が違います。今後は、市長としての自分の中にも過去とのしがらみができてくるでしょう。全力で努力はしますが、思ったことがなかなか実行できなくなるかもしれません。その時には新しい人が出てきて、以前の私のように「本当は正しいと思っているけれど、いろいろな制約や立場があって実行できないこと」を実現していくべきです。そうやって、世の中、社会は前へ前へと進んでいくのだと思います。

text:深井久美

熊谷俊人 千葉市長

くまがい・としひと
熊谷 俊人

1978年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、NTTコミュニケーションズ(株)入社。2007年に千葉市議会議員、2009年6月、全国最年少市長(当時)で千葉市長に初当選。2013年、2期目当選を果たす。市長就任後は、情報システムの整備に取り組み、現在はオープンデータ活用に向けた活動も積極的に進めている。自身のブログやTwitterでは、 市政情報のリアルタイム発信だけでなく、市民と幅広く意見交換し、それまで行政にあまり関心のなかった若者層とも距離を縮めていると好評を得ている。著書に『青年市長が挑む市政改革―未来視点で大転換』『公務員ってなんだ?~最年少市長が見た地方行政の真実~』など。


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。