LGBTに「ポジティブ思考」を学ぶ ――セクシュアリティーは多様でカラフルなグラデーション

1969年6月、ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」で、警察の強制捜査を受けた同性愛者たちが自由のために立ち上がってから、およそ半世紀になる。
今、LGBT*当事者もそうでない人も、誰もが自分らしく生きられる社会を目指す動きが大きなうねりとなって、世界中に広がっている。
国連の人権理事会は2011年6月、性的指向と性同一性に関する人権決議を採択した。そして今年6月にはオバマ大統領が、あの「ストーンウォール・イン」とその周辺を、世界のLGBT人権運動のきっかけとなった場所として国定史跡に指定すると宣言し、ニューヨークで開催されたLGBTプライドマーチには史上最多の200万人が参加した。日本でもこの数年、ゴールデンウィークの「東京レインボープライドパレード」が注目を集め、LGBTやアライ*という言葉が定着しつつあるなど、時代は確実に動いている。
「自分らしく、すてきに、歳を重ねていこう。みんなでエールをおくりあいながら」。そんな思いから、LGBTと社会をつなぐ認定NPO法人グッド・エイジング・エールズを仲間とともに立ち上げた松中権さんも、時代を動かしている1人。LGBT当事者として、勇気を出してカミングアウトした経験を「3月の海にダイブすること」の醍醐味に例えて語ってくださった。

*LGBT : L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダーの頭文字を合わせた呼び方。最近ではSOGI(Sexual Orientation and Gender Identity : 性的指向と性自認)という表記も使われる。

*アライ : Ally(同盟、味方)を語源とするもので、LGBTのことを支援してくれる人、理解してくれる人、特別扱いしないサポーターという意味。

可視化して、知ることから

――日本でLGBTの人々が置かれている現状をどう見ていらっしゃいますか。

松中 LGBTは自分の周りにはいないと思っている人も多いと思いますが、2015年度の電通ダイバーシティ・ラボの調査によると、日本の人口におけるLGBTの比率は7.6%。13人に1人が当事者ということになります。街で車いすに乗っている人や白い杖をついて歩いている人を見かけると、「段差は大丈夫かな」など、気にかかることがありますよね。LGBTの場合、生きていくためにいつもハードルが立ちはだかる、というわけではありませんが、当事者が目の前にいるかどうかは分かりづらくて、いないことになってしまいがちです。当事者以外の人にとって、自分の隣にはいない、得体の知れない存在と捉えられ、「知らないものは怖い」「気持ち悪い」という人間の防衛本能が働いてしまうことがあります。結果としてLGBTの人々を攻撃したり差別し嘲笑するという状況が生まれる。そのためにLGBT当事者はカミングアウトすることも難しく、生きづらさを感じながら「本当の自分はいないことになっている」人もたくさんいたのです。

そういうことがこれまでずっと続いてきて、ようやく昨今、LGBTの存在を可視化して、理解を広げ、社会通念を変えていこうという運動が世界中で盛んになってきました。また、LGBTは社会制度や行政サービスなどから外れてしまっている部分が多いので、制度の方を現実に合わせていこうという動きもあります。

――「知らないから怖い」「気持ち悪い」ということが、今、世界で問題となっている宗教や人種の違いによる誤解や差別の根底にもあり、そういう問題に対する示唆をLGBTが示してくれるのかもしれませんね。

松中 そうなるといいと思います。LGBT当事者ではない人々の間で、そして実は当事者自身の中にも、LGBTに対する差別や偏見が根付いてしまっている。LGBTも当たり前に、自然に存在していいのだ、という認識を共有することが大切です。
昔から世界には、「男性」と「女性」だけではなく、LGBT、つまりレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを始め、いろいろな「個性」のセクシュアリティーを持つ人がいて、それはまるでグラデーションのように多様でカラフルです。そして、それぞれに、自分自身を表現するために適した性と、好きになる他者の性があります。そのことを、その人の「個性」と理解し尊重して、他者や隣人に対して、敬意と思いやりを持つことができれば、それは誰にとってものびのびと暮らせる社会でしょう。

そのために、まずは知ることがスタート地点です。知らないと、誰かのことをいつの間にか傷つけてしまう、自分自身のことも愛せなくなる、というようなことが、知っていれば回避できるかもしれません。とは言え、それはどこまで行っても難しいことは確か。例えば僕はLGBT当事者として、異性愛者の気持ちにはなれません。ただ、自分と違う考え方、生き方、ライフスタイルを選んでいる人、もしくは、生まれたときからそうである人を知り理解することはできます。100%は分からなくても想像力を働かせることはできると思います。そういう視点の持ち方は、LGBTの問題以外にも使えるかもしれませんね。

休日の早朝、取材場所のカラフルステーション(渋谷区神宮前二丁目)に自転車で軽快に駆け付けた松中権さん。

休日の早朝、取材場所のカラフルステーション(渋谷区神宮前二丁目)に自転車で軽快に駆け付けた松中権さん。

 

1人ひとりの主体的なパワーに触れて

――どんな子ども時代、学生時代でしたか?

松中 僕は子どもの頃から好きになったり憧れたりする対象はいつも男の子でした。中学生や高校生になって、クラスの男子が可愛い女子やアイドルの話で盛り上がっているときも、本当はまったく興味がないのに、「タイプはショートカットで、ボーイッシュな感じの・・・」なんて言って周囲の目をごまかしていました。ゲイという存在は雑誌などで自習して知っていましたが、自分自身がそうであることを受け入れられず、「これはいつか何かのタイミングで治るんじゃないか」と言い聞かせ、「もがきの時代」が続きました。高校生のとき、1度だけ女の子と付き合ったことがあります。でも、結局それは「いつか治るんじゃないか症候群」のもがきでしかなかったのです。

金沢から東京に出てきて一橋大学で4年間学び、5年目はメルボルン大学に留学しました。留学に出発する前に初めて新宿二丁目に行き、2カ月ほど通い詰めました。自分以外のゲイの人に会ったのもそのときが初めてだったし、いろいろな友だちができて、非常に内容の濃い日々でした。
その後、メルボルンへ。この街に着いて3日目には大学のクィア(Queer:セクシュアル・マイノリティ)ルームに顔を出し、さっそく友だちをつくりました。こうして、人生で初めてゲイであることをオープンにして暮らし始めたのですが、この経験は大きかった。日々、生活する中で「自分はゲイだ」ということを隠す必要も、周囲に伝える必要もない。例えばちょっとした会話の中で「ゴンは日本に付き合っている人いる?遠距離恋愛してるの?」と聞かれて、「ボーイフレンドがいるんだ」と答え、「あ、そうなんだ」というように、会話がさらっと流れていくわけです。それがすごく新鮮で、こんなにストレスのないものなのかと驚きました。

――グッド・エイジング・エールズ設立に至ったのはどんな経緯があったのでしょうか。

松中 広告代理店に就職し、30代前半だった2008年に研修でニューヨークに滞在して、NPO関連事業に携わりました。ちょうど大統領選の最中で、オバマ大統領に決まる直前の頃です。国中が熱気にあふれ、政治団体などに所属しない個人も選挙運動をしていました。自分がアメリカを変えたいと考え、1人ひとりが活動しているのを見て、このパワーはすごいと感心しました。そうした熱気の中で、ニューヨークにはLGBTの団体もあるし、自分も何かそういうことを日本でできたらいいな、と思うようになりました。

帰国後、友人たちと会うと「自分たちは今後どうなっていくのか、ゲイとして具体的な将来像が描けない」というような会話をするようになりました。やっぱりどこかで僕はニューヨークでNPO関連事業に携わった経験からも、自分のミッションを感じていたのでしょう。LGBTの理解を進める団体が必要だと思い、自分で企画書を作り、友人たちに声をかけ、2010年4月4日、桃の節句と端午の節句の間の日にグッド・エイジング・エールズを立ち上げました。この名前は少し長いので、みんな「グッド」と呼んでいます。グッドはプロボノ団体なので、メンバーは自分本来の仕事をこなしながら、その合間を縫って自分のスキルや知識を生かし活動しています。

山田賢人

「LGBTと、いろんな人と、いっしょに。」という姿は活動の中から見えてきた

――グッド・エイジング・エールズという名称に込めた思いは?

松中 LGBT当事者からは、このまま自分は歳を取っていっていいのだろうか、老後はどうなるのだろうかと不安を覚える仲間の声がよく聞こえてきます。そんなこともあり、グッド・エイジング・エールズという名称には「自分らしく、すてきに歳を重ねていこう」「アンチエイジングよりもグッドエイジングがいいね」というメッセージを込めています。そして、LGBTを含むあらゆるセクシュアル・マイノリティーの人たちが、自らのセクシュアリティーに引け目を感じず、社会の偏見を越え、自分らしくのびのびと、歳を重ねていく、そんな生き方を送れる世の中になることを願っています。日本では「エール交換」という表現を使うから、LGBTとそうじゃない人の間で垣根をなくしエールを交換できるといい、という意味を加えました。

グッドには、立ち上げの時点から、ミキさんというストレート(異性愛者)のメンバーが参加しています。葉山のカラフルカフェを始めたときに、フロントにストレートの人もいるということは地元のコミュニティーの方々にとって安心感につながるようです。その頃はアライという言葉も浸透していなかったけれど、ミキさんの存在もあり、次第に当事者以外にもグッドを応援してくれる人が増えてきています。いろいろな人とLGBTがいっしょにいる場所というのがやっぱり大事だなぁというふうに、活動を通して見えてきました。「LGBTと、いろんな人と、いっしょに。」というスローガンは、そこから生まれたものです。

葉山の「カラフルカフェ」と、そのすぐ近くにある「カラフルカフェ on the beach 」

葉山の「カラフルカフェ」と、そのすぐ近くにある「カラフルカフェ on the beach 」

これまでグッドは、そういった意味でもさまざまな「のりしろ」となる場を生み出してきました。社会の中で見えにくくなっているLGBTの存在と社会とを近づけていくときに、両者が緩やかに重なり合うような場を作ろうという発想です。
その際、LGBT向けに限定した場所にしてしまうと、LGBT当事者にとってはそこに足を運ぶこと自体がカミングアウトになってしまう。まずは、LGBTの人もいるかもしれないし、LGBTじゃない人もいるかもしれないけれど、その場所自体はLGBTの人にとって安心できる、優しい、楽しい場所というものを作ってきました。
LGBTの人たちが社会の中で生きづらさを感じることなく「自分のままでいられる」場所であり、自分のセクシュアリティーを明かしカミングアウトしても自然に暮らせる「カラフルハウス」、働く場所である企業や団体への働きかけ「work with Pride」、くつろぐ場所「カラフルカフェ」など、1つひとつの場所を誰にとっても心地いいものへと変えていく取り組みです。

カミングアウトは多様であっていいはず

―― カミングアウトの場として『OUT IN JAPAN』も注目されていますね。

松中 「場所」も大事だけれど、「人」が持っているパワーも素晴らしいですよね。LGBTの当事者の中にも少しずつ、カミングアウトする人が増え始めています。それを見た別の人が、「あ、自分とこの人はこのへんがいっしょだな」と感じるように、共感するスイッチは1人ひとり違うので、たくさんの人の事例が重要です。
『OUT IN JAPAN』では、「あなたの輝く姿が、次の誰かの勇気となる。」をテーマに、2020年までに1万人のLGBTを始めとしたセクシュアル・マイノリティーのポートレートを全国で撮影する予定です。WEBサイトを中心に写真展や写真集などを通じて、理解の促進や当事者の応援を目指しています。キックオフのフォトグラファーには、有名スターやセレブリティーたちのポートレートを撮影した作品で知られるレスリー・キーさんを起用しました。レスリーは、「これは自分のミッション。1万人を目指すなら最初の1000人を自分に撮らせてくれ」と申し出てくれました。

背後は、レスリー・キー氏の撮影による『OUT IN JAPAN』のポートレート

背後は、レスリー・キー氏の撮影による『OUT IN JAPAN』のポートレート

2016年12日〜18日には、東京・南青山のスパイラルで『OUT IN JAPAN』の1000人写真展が開催された。

2016年7月12日〜18日には、東京・南青山のスパイラルで『OUT IN JAPAN』の1000人写真展が開催された。

WEBサイトにはポートレートに添えて、メッセージ、名前、年齢、職業、セクシュアリティー、出身地を載せています。地方にいたり、未成年だったりするセクシュアル・マイノリティーの人たちを勇気づけ、取り残されたような気持ちにさせないように構成しています。
カミングアウトしたい人がいれば、その気持ちをサポートできる社会であってほしい。すでにカミングアウトした人たちの表情やメッセージを見て、いつかは自分も、となることもある。もちろん、カミングアウトは選択肢の1つなので絶対にしなければいけないことではないと思います。自分を守るため、カミングアウトしたくない人は、しなくてもいいんだよ、というメッセージもあるかもしれない。1000人いれば1000通りのメッセージがあるわけで、カミングアウトの多様性も伝えていきたいと考えています。ちょうど、この4月に1000人を達成し、今年で25周年を迎えるLGBTテーマの映画祭「レインボー・リール東京」と共催で、1000人写真展を開催しました。

ちなみに僕の場合、オーストラリア、アメリカでオープンに暮らし、そして日本でカミングアウトした経験から、「カミングアウトする前は気づかないうちにすごいストレスを抱えていた・・・」ということを後になって気づきました。

例えば3月にみんなで海に遊びに行って、寒いのに誰かがいきなり海に入り始めたとします。「気持ちいいからおいでよ!」と言われても、「いや、寒いし。わざわざ今、海に入らなくても」と感じる。でも、海の中のみんなが楽しそうなので、勇気を出して入ってみます。最初は冷たいけれど、結局すごく楽しくて、気づけば自分も「おいでよ!」と声をかける側になっていることも多いですよね。カミングアウトは、ちょうどそんな感覚に似ているなと思っています。この心地よさはなかなか言葉で伝えにくいし、まだ寒い北半球の3月の海で泳げば、心臓発作を起こすリスクもゼロではない。でも、経験している身からすると、広い海で泳ぐことの解放感は何ものにも代え難い。生きていく上で、やっぱりストレスは少ない方がいいと痛感しています。

もっと自分らしく活躍できる場所づくりのために  

――グッドはさまざまな働きかけをしていますが、「LGBTが自分らしく生き生きとプライドを持って働く」ために、「work with Pride」をスタートさせていますね。

松中 2012年、職場におけるLGBTに関する理解を広げるために、私たちと日本IBM、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチが共同で「LGBTと職場:課題と今後」 というテーマでセミナーを企画し、「work with Pride」をスタートさせました。翌年からNPO法人虹色ダイバーシティも参加しています。
その後毎年開催しているセミナーでは、企業の人事・ダイバーシティー担当者や当事者を対象に、LGBTに関するダイバーシティー・マネジメントについて世界の最新動向や先進企業の事例紹介、そして当事者からの生の声を紹介しています。当初50社程度だった参加企業が倍々で増え、2015年には400社となりました。もともとグローバル企業が多かったのが、日本企業にもどんどん広がってきています。

work with Pride

今年6月には企業のLGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」を策定しました。
Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティー)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement(社会貢献・渉外活動)の5つの観点から、達成度だけでなく、具体的な取り組み内容を聞いています。「なるほどこういう取り組みがあるのか」「こういう視点ならうちの会社もできる」など、ベストプラクティスを各社で共有することが狙いです。例えば、「鉄道会社にトランスジェンダーの社員が入社するが、宿直勤務にあたってトイレ、バスルーム、宿直室をどのようにするか」というケースなどからは、他社も学ぶことがあるわけです。従来、企業の取り組みはLGBTの啓発が中心でしたが、今後はこうした職場での実際の対応方法が問われるようになるでしょう。

現在、本指標に対する企業等の取り組み内容を募集しています。取り組みの優れた企業やベストプラクティスについては、2016年10月26日(水)に東京・晴海の第一生命ホールで開催する「work with Pride 2016」セミナーで発表する予定です。採点は、応募いただいた回答をもとに、PRIDE指標運営委員会において公正かつ公平に行われます。5つの指標について、それぞれ要件を満たしていれば1点が付与され、すべての指標を満たせば5点満点となります。5点獲得企業・団体はゴールド、4点獲得企業・団体はシルバー、3点獲得企業・団体はブロンズとして表彰します。ぜひ、積極的にご参加いただけたら、幸いです。

多世代型ホームあり、東京オリンピックあり
グッドの未来は、ますますカラフルに!

――これから、どんな未来を描いていきますか。

松中 グッドは設立当初から、「LGBTと、いろんな人と、いっしょに暮らせる老人ホーム」を1つのゴールに掲げてきました。カラフルハウスをヒントに、多世代型、地域包括ケア型のホームを思い描いているところです。お父さん、お母さん、子どもがいる家族像だけが家族であるべきという概念を1度取り払ってみる必要があると思います。シングルマザー、養子を受け入れている家族、不妊に悩む人、そんないろいろな家族が本当は日本にはたくさんある、ということを視野に入れて考えていきたいですね。未来に向けて子どもを育てていくことはすごく大切なことで、社会全体でどうやって子育てをするかも、重要なテーマになると思います。

それから、ロンドンオリンピック以来、大型の国際スポーツ大会の開催地には「プライドハウス」が作られるようになりました。インフォメーション・スペースでありながら、各種スポーツ・イベントや教育プログラムを行う期間限定の組織体。これを、2020年の東京オリンピックに向けて皆さんと準備していきたいと考えています。

グッド・エイジング・エールズが10周年を迎える2020年、ちょうど1万人に達する(予定の)『OUT IN JAPAN』プロジェクトの参加者たちが、ボランティアとしてプライドハウスで世界のお客様を迎える側に立っているかもしれません。自分の街でオリンピックが開催されるという一生に1度あるかないかの貴重な瞬間。LGBTの人たちが、「自分を受け入れてよかった、これでいいんだ」という晴れやかな気持ちで世界のお客様を迎えることができるのは、大きな意味のあることだと思います。

TEXT:伊川恵里子

松中 権 まつなか・ごん  認定NPO法人「グッド・エイジング・エールズ」(http://goodagingyells.net/)代表。

1976年、石川県金沢市生まれ。一橋大学法学部卒業後、株式会社電通に入社。海外研修制度で米国ニューヨークのNPO関連事業に携わった経験をもとに、2010年、NPO法人を仲間たちと設立。2013年、米国国務省主催の「International Visitor Leadership Program」の研修生に選出され、全米各所でLGBT関連の活動団体や政府系機関のリサーチを実施。2014年10月、NPO法人が東京都より認定NPO法人の認定を取得。現在も電通に勤務しながら、一般財団法人「mudef」の理事も務めている。2016年、第7回若者力大賞「ユースリーダー賞」受賞。