Apple Payに搭載された堅牢なセキュリティーシステムとは?

2016年10月、iPhone7 / iPhone7 Plusの発売と時期を同じくして、日本国内で正式にApple Payがサービス開始となりました。本記事をお読みの方も、すでにスマートなApple Payライフを楽しんでいるかもしれません。

Apple Payを利用すれば、あらゆるシーンで支払いをスマートに行うことが可能です。レジの前で慌てて小銭入れをあさったり、財布の中からカードを取り出してレシートにサインをしたりする必要はなくなります。

非現金決済の普及で生活シーンはこう変わる!

Apple Payの登場により、日本国内における非現金決済の普及が大きく進むことは想像に難くありません。

私たちの生活にも、さまざまな変化が表れてくるはずです。

例えば、小売店では、欧米で普及が進む「インストア決済」の導入に拍車がかかることが予想されます。導入が進めばレジに並んで待つ必要はなくなり、販売員が持つ小型の読み取り機にiPhoneをかざすだけでシンプルに支払いを終えることができます。

バスや電車の運賃をApple Payで支払う人も確実に増えていくでしょうし、近い将来、光熱費や水道代などの支払いにもApple Payが利用できるようになるかもしれません。

Eコマースにおいても、支払い方法の選択肢にApple Payを採用するショップは増加していくと考えられます。Apple Pay対応のショップが増えるにつれ、消費者は煩雑な支払い手続きから解放され、より快適なショッピングを満喫できるようになっていくでしょう。「欲しい」と思ったらすぐにiPhoneを取り出し、ワンアクションで買い物が完了する――そんなことが当たり前になっていくのかもしれません。

Apple Payのセキュリティーを支える「トークナイゼーション」

また、Apple Payの普及により、カード情報の漏えいや不正利用といった非現金決済に付きまとうセキュリティー上の不安も、徐々に解消されていくことが期待されています。

Apple PayにはIBMが開発した「トークナイゼーション」という技術が採用されていて、カード情報などを「トークン」と呼ばれる情報に置き換えて扱う仕組みになっています。トークンは第三者には意味のない記号のようなものなので、仮に漏れてしまった場合でも、不正利用などのリスクを抑えることができるのです。これは、支払いを行う消費者はもちろん、支払い情報を取り扱う業者にとっても、大きなメリットとなるはずです。

Apple Payは消費者がいつでもスピーディーかつ安全に支払いを行うための一種のインフラとなり、社会の姿も少しずつ塗り替えていくのではないでしょうか。

photo:Thinkstock / Getty Images