刺激を受けた日本でこれからも続くパッション――ニコライ・バーグマン インタビュー

東京・南青山にある「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア」。カフェが併設されたこのフラワーショップには、オープンと同時に続々と人々が集まってくる。店内には、鮮やかさの中にも、どこか落ち着いた雰囲気を持つ花々が咲き誇る。

このショップのオーナーであるフラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏は、北欧デンマークのコペンハーゲン生まれ。日本に移住して約20年、デンマークと日本の感性・文化を融合させ、独自のフラワーデザインを確立した。日本人の習慣、精神性をも吸収し、日本語にも精通しているニコライ氏が、日本で感じた美意識、フラワーデザインに込めている願いについて、その流暢な日本語で話してくれた。

初めての日本は刺激的だった

――初めて来日した時の印象を教えてください。

ニコライ 16歳の時にデンマークの専門学校でフラワーアレンジメントの勉強をして、花に関する免許を取得し、卒業後の19歳の時に3カ月間、日本へ来る機会に恵まれました。当時、日本で働くことは考えておらず、とにかく日本のさまざまなものを見てみたいという好奇心だけでした。初めて日本に来た時は、日本とデンマークの文化や習慣が大きく異なり、ただただ驚いていたという記憶が強く残っています。人口500万人のデンマークと比較して人が多いこと、何事も時間の流れが速いことなど、大きなカルチャーショックを受けました。しかし、帰国して落ち着くと、日本のスピード感を楽しんでいた自分に気づきました。

――日本が、刺激的な国に見えたということでしょうか?

ニコライ 日本に来るまで、私は自分自身を内向的な人間だと思っていました。同級生は「将来アメリカへ行きたい」「留学をしたい」などと話していましたが、私には将来への願望がありませんでした。ただ、デンマークにいられればいいと思っているようなチャレンジ精神のない若者でした。でもそれは、ただ世界を知らなかっただけなんです。日本へ行ったことで、自分も外に出るのが好きなんだと気づくことができました。

ニコライさん

――フラワーアレンジの経験を積むため日本で働くことを決意されたそうですが、来日当初は、どんなビジネスプランがありましたか?

ニコライ プランは何もありませんでした。最初に勤めたのは埼玉県の川越にあるごく普通のフラワーショップでしたが、働かせてもらえるだけでうれしかった。でも働いているうちに、もっとチャレンジしたいという気持ちになり、都内のブライダルサロンでのフラワーデザインを任されるようになりました。平日は川越で働き、週末は東京でブライダルの仕事と多忙を極め、休みはありませんでしたが、とても楽しかったです。

――その頃から、いつか自分の店を持ちたいという思いはありましたか?

ニコライ ずっとありました。自分のショップを持つことは大変だとわかっていましたが、その気持ちはずっと変わらなかった。振り返ると、16歳の時には自分のフラワーショップを持ちたいと考えていましたが、「まずは経験を積んだらどうか」と父に言われ、日本に来たという経緯もあります。祖父も父も商売をしていたし、私も10歳の頃からカボチャを育てて市場に売ったりしていました。デンマークでは親からお小遣いをもらう習慣がなく、子どもの頃から働いてお金をもらうのが当たり前なんです。今、思い返せば、ビジネスマンとしての祖父や父の姿を間近で見ていたことや、子どもの頃からお小遣い稼ぎをしていたことが、いつかは自分も店を持って、商売をしたいという動機になっていたのだと思います。

ニコライさん

日本の文化から影響を受けた色使い

――色とりどりの花が箱にぎっしりと詰まった「フラワーボックス」は、「ニコライ・バーグマン」の代名詞です。日本でのビジネスが軌道に乗るきっかけとなった商品だと思いますが、どのようなアイデアから生まれましたか?

ニコライ 自分のショップを始めたばかりの頃、「重ねておけるフラワーギフトを作ってほしい」という依頼が入りました。企業発表会の来客に手渡すギフトでしたが、注文が600セットと大量だったため、普通に作ってしまうと会場内に置くスペースがありませんでした。アレンジメントを作って、それを入れる箱を用意してみてはどうかとも考えましたが、予算が合わず……。そこで、「花を直接、箱に入れてみよう」と思いつきました。結果的に箱状にしたことでそれまでにないデザインが生まれ、手渡す時や開けた時には、サプライズ感もある。さまざまな偶然が生んだアイテムでした。

170501_nicolai_04

――「ニコライ・バーグマン」で扱う花の色合いは、どれもシックです。日本から影響を受けた部分はありますか?

ニコライ 色合いについては、日本の文化から受けた影響が大きいと感じています。デンマークで使われる花はビビッドな色が多いのですが、私が今使っている花のトーンは、シックなフィルターがかかったような色です。日本に初めて来た時、京都にも連れて行ってもらい、着物や屏風等の渋さの中にも艶やかさがある色合いに惹かれました。そういった独特な色使いを自分の作品にも投影しています。

――近年は、中国や韓国などにも進出されています。アジア圏でご自身のフラワーデザインが支持される理由を、どうお考えですか?

ニコライ 各国のマーケットや文化に合わせるのが得意というのもありますが、完全に準備をして合わせるわけではありません。自分のテイストを生かしつつ、それぞれの国の文化や習慣、暮らしている人、その国の環境の一部をピックアップして取り入れています。それが、創作のためのインスピレーションにもなっています。さまざまな国で支持される理由も、その組み合わせをたまたま受け入れてもらえたに過ぎません。自分のDNAに、各国の文化の一部を取り入れる。そこがポイントかもしれません。

――韓国と中国では、どのような要素を取り入れましたか?

ニコライ 韓国は、少しラブリーな感じで、淡い色合いとやわらかなシルエットを意識しました。逆に中国では、コントラストのはっきりした色合いが好まれます。かわいらしさよりも、インパクト重視です。

170501_nicolai_05

――日本では、どのような要素を取り入れていますか?

ニコライ おかげさまで、日本では、確立されたファッションブランドのように、送り出した作品をそのままお客様に受け入れていただけるようになりましたので、流行やニーズといった要素を取り入れるというよりは、その時の私自身のムード、季節感などに合わせて作っています。自分の好きなものを作って支持していただけるのも、10年以上かけて育てたブランド力のおかげです。

――普段のインプットからアウトプットされるものが大事ということでしょうか?

ニコライ 私にとって、インプットはとても大事なことです。花市場へ行き、自然に触れることはもちろん、建築やアートも好きなので、そこからもインスピレーションを得ています。先日、日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念したアートイベントが、デンマーク大使館で行われました。モダンアート作品とともにフラワーアートを飾るという企画で、大使館の中にある広い中庭のようなスペースに木造の展示スペースを建てました。大がかりな作業でしたが、普段から行っていたさまざまな分野からのインプットが大きく役に立ち、花や植物とアートが調和する空間を演出できたと思っています。また、昔から直接手を使ってさまざまなものを作ることが好きだったので、楽しみながら取り組むことができました。

――2017年7月には、ご自身がデンマークを案内するツアーが企画されているとお聞きしました。

ニコライ 普通に観光でデンマークへ行っただけでは体験できないツアーを考えています。私のネットワークを通して、現地でも一般の方は入ることができない花市場を一緒に見学したり、デンマーク日本大使公邸への訪問などを予定しています。フラワーアレンジの特別レッスンも行いますので、きっと楽しんでもらえると思います。

ニコライさん

花を通して幸せを作っていきたい

――事業が拡大してスタッフが増えていく中、ご自身が持つスピリッツをどのようにスタッフに伝授していますか?

ニコライ ブランドとして育つまで、私とともに7、8年と長期間一緒に働いてくれているスタッフが15人以上いますが、彼ら、彼女らのような会社の歴史やカルチャーをわかっている人たちがたくさんいると、私が花を通して届けたい幸せやサプライズの表現、それをフラワーデザインで実現する方法は自然と全体に伝わっていくものです。また、私自身、もともとは川越のショップ店員としてスタートしています。「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」のショップでも最初は店頭で接客していましたし、今もお客様にリラックスして花を楽しんでいただける空間作りを常に意識しています。スタッフたちもそんな私の働き方や振る舞いを見てきました。ある日突然、スーパーフラワーアーティストのニコライ・バーグマンという人が誕生したわけではありません(笑)。みんなで一緒に作り上げてきた会社なのです。

ニコライさん

――「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」は、男性客も多いフラワーショップです。日本の男性にも、花を楽しむ習慣を知ってほしいという思いはありますか?

ニコライ 以前、百貨店の男性向け売り場にショップを開こうとした時、周囲からは「何を考えてるのか?」と言われました。でも、私たちのお客様には、もともと男性が非常に多い。私が日本の習慣を変えるわけではありませんが、男性が女性に花をプレゼントする習慣を広めていきたいと思っています。数年前、私がフラワーショップにいた時、1人の男性がやって来て、「あなたが出ていたテレビ番組を見て、60代にして初めて妻に花をプレゼントしようと思う」と言ってくれました。あの言葉は私の胸に刺さり、本当にうれしかったですし、今までやってきたことに意味があったんだなと思うことができました。これからも花を通して、皆さんの幸せをつくっていきたいです。

ニコライさん

――来日されて約20年経ちました。今後、どのように変化し、どうなりたいと考えていますか?

ニコライ 私のパッションはずっと変わっていません。最初はここまで長く日本にいるとは自分でさえ想像できませんでしたが、「新しいことをやろう。次はこれを楽しもう」という気持ちがなくなった時に、デンマークへ帰るかもしれません。しかし、20年たった今でもパッションは衰えることはありません。もちろん、会社が大きくなることでチャレンジの内容が変わることはあります。年齢を重ねれば、考え方も変わってくる。20代、30代を経て今後、40代の仕事やチャレンジがどうなっていくのか、自分でも本当に楽しみです。

TEXT:大曲智子

ニコライ・バーグマン
Nicolai Bergmann

デンマーク、コペンハーゲン出身。日本での活躍でフラワーデザイン界に新たな次元を開き、色彩、形、バランス、細部への眼識を活かすことでファション界、デザイン界にまで地平を広げ、その結果、世界有数のデザイン企業とさまざまな共同デザインプロジェクトに取り組む。 確固としたスカンジナビアスタイルを活かしながらヨーロッパのフラワーデザインスタイルと日本の細部にこだわる感性や鍛え抜かれた職人技が一つに融合され、「ニコライ・バーグマン・フラワーズ&デザイン」というブランドは、今やフラワーギフト、製品発表会、イベント演出とコンサルティング、そして特別なイベントやウエディングの企画にと大きな人気を博している。