8割強の企業が知らない、モバイル端末のビジネス活用術

初代iPhoneの登場からはや10年。この間、スマートフォンをはじめとするモバイル・デバイスを取り巻く状況は大きな変化を遂げてきました。生活のあらゆるシーンでモバイル・デバイスは身近な存在となり、それにつれて消費者の要求も日々高まりつつあるようです。

モバイル・ビジネスを取り巻く状況

モバイル・デバイスは小売業者にとって、新規顧客を惹きつけ、既存顧客を維持するための強力な武器となります。しかし、すべての小売業者がそのメリットを存分に活用できているかというと、残念ながらそうとは言いきれないようです。

IT関連調査会社の米・フォレスターリサーチ社によれば、オンラインの小売りサイトへのアクセスのうち、3分の1がモバイル・デバイスによるものにも関わらず、オンラインショッピングの売り上げは会社全体の売り上げの11%ほどに留まっているといいます。

また、実店舗へのモバイルサービスの統合も、昨今注目を集めるトレンドの1つです。しかしIBM Institute for Business Valueの調査によると、対象となったブランドのうち、84%がこうしたサービスの提供に着手できていません。

今後、モバイル・デバイスの活用頻度は、ますます高まると予想されます。外出先での空き時間を使って、あるいは自宅でテレビを見ながらモバイル・デバイスで「気軽にショッピングをしたい」と考える消費者を取り込むため、小売業者はどんな戦略を取るべきなのでしょうか?

モバイル活用のための3つの戦略

IBM Mobileのアリサ・マクリーン氏は、モバイル・デバイスによるオンラインショッピングにおいて、消費者の期待に応えるための3つの戦略を紹介しています。

1つ目は、消費者のニーズを正確につかんだ上で、しかるべきデジタル刷新を起こすこと。より上質な顧客体験をつくり出すため、モバイルの可能性に投資すべきだとマクリーン氏は提言しています。

2つ目は、既存のツールやサービスを活用して、モバイル戦略を推進すること。新たなサービスを立ち上げるためにゼロからシステムを開発するのではなく、既存のサービスを組み合わせてショッピングカートシステムや決済、在庫管理といった機能を実現して、セキュリティーに配慮した魅力的なサービスを効率よく構築できます。

3つ目は、オンラインショッピングのソリューションにAIを組み込み、新たな顧客体験をつくり出すこと。マクリーン氏は、モバイルとAIが今後のオンラインショッピングを大きく変える鍵となると述べています。

以上を踏まえ。移り変わりの激しい昨今のビジネスシーンにおいて「モバイル・デバイス」と「AI」が十分な投資に値する分野であるのは、間違いありません。

photo:Getty Images

【関連記事】