日本語で科学を学び、考えることができる幸せ。ノーベル化学賞の白川英樹博士が語る先人たちへの感謝

ノーベル化学賞(2000年)を受賞した白川英樹・筑波大学名誉教授は、科学や芸術などの学問を日本語で学び、考えることの大切さを説いている。「言語にはコミュニケーションの道具としてだけでなく、考えるための道具としての役割がある。人は母語で学ぶことによって、より核心に迫った理解ができる」と語る。
日本人は古来、大陸の漢字文化を学び、江戸期以降は欧米の科学知識を意欲的に日本語に翻訳して学問体系をつくり上げてきた。現代の日本人が、世界の学問を容易に母語である日本語で学ぶことができるのは、先人たちによるこうした血のにじむような努力のおかげなのだ。
白川氏はノーベル賞を受賞後、「日本語で自然科学を学べる幸せ」についてずっと考え続けてきた。日本人が日ごろ気付いていないこの恩恵は、歴史上どのようにして可能になったのか――昨今の英語教育早期化への見方なども含め、その思いを伺った。

意表突かれた質問、「なぜ日本にはノーベル賞受賞者が多いのか」

――白川先生がこの問題への関心を深められるようになったきっかけは、ノーベル賞発表の際のある出来事だったとお聞きしました。

白川 ノーベル賞受賞の一報は2000年10月10日の夜9時半ごろ、わが家に通信社からかかってきた電話でした。その後も電話が鳴り続け、テレビでもテロップが流れました。しかし、ノーベル財団から正式な連絡は何もないので、その夜は電話線を外して寝ることにしました。
翌早朝から報道陣が家を取り巻き、近所迷惑なので、7時ごろから玄関先で応対しました。午後からはインタビューや取材を受け、来宅したスウェーデン大使館の人からやっと正式に受賞を告げられました。

その取材があらかた終わった後、香港の経済誌の特派員が帰り際に、「ところで」と1つ追加質問をしました。「欧米諸国に比べると、日本人の受賞者は少ないけれど、アジア諸国と比べると断然多い。それはなぜだと思うか」というものでした。

意表を突かれた私は、とっさに「日本人は日本語で書かれた教科書を使い、日本語で学んでいるからではないか」と答えました。頭の中にあったのは、アジアではインド、シンガポール、マレーシアなどは英国の、ベトナムはフランスの、インドネシアはオランダの植民地になったことから、各国はそれぞれの旧宗主国の言葉を使って学校教育をしているということでした。つまり学ぶための言語と、ふだん生活で使う言語(母語)が違う。この2つの言語は本来、学問を究める上で別々であっていいはずがないのです。日本は欧米の植民地にされずにすみましたから、母語で学問ができるアジアでは珍しい国なのです。

白川先生

丸谷才一氏の新聞コラムを読んで自説の正しさを実感

――とっさに答えられたことが、先生のその後の思索のテーマになったわけですね。

白川 そうです。その後ずっと、もし私の独りよがりな考えだったら困るなと思っていました。すると2002年7月31日の朝日新聞文化欄に、作家の丸谷才一さんが書いた「考えるための道具としての日本語」という文章が載りました。言語を「思考のための道具」と「伝達のための道具」に区別し、思考のための道具としての日本語がなおざりにされていると警告を発するコラムでした。これを読んで、私があの日特派員に言ったことは正しかったのだと思いました。

自然科学に限らず、人文科学、社会科学、芸術を究めるには、自然や人間をしっかり観察して考えなければなりません。私たちは母語である日本語を思考の道具として使い、そのことを実践しているのです。

ノーベル賞受賞者の出身国と人数を調べて、どこで学び研究してきたか、考えてみました。2000年時点でのアジアにおける受賞者(物理学、化学、医学・生理学の3賞)は、日本が6人(湯川秀樹、朝永振一郎、江崎玲於奈、福井謙一、利根川 進の各氏と、私・白川英樹)で、母国の大学で学び研究した人たちです。他はインド1人、中華民国3人、パキスタン1人ですが、母国で学び研究したのはインドのチャンドラセカール・ラマン氏(1930年物理学賞)だけで、残る4人は米国や英国での研究成果が受賞対象です。つまり母国で学び研究した受賞者の比率は日本と他のアジアでは、6対1なのです。

それ以降、日本は16人が3賞を受賞しましたが、他のアジア諸国は中国人の屠呦呦(ト・ユウユウ)氏(2015年医学・生理学賞)だけ。通算するとその比率は22対2に広がります。この事実からも母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることの大切さが分かります。

白川先生

「教科書は英語、日常生活は母語」というアジアの高校生

科学技術振興機構が行う「さくらサイエンスハイスクール」という事業では、アジアの約50の国と地域から高校生を日本に1週間招待します。私はそこで、ノーベル賞の受賞対象になった導電性高分子を使ったEL発光素子を作る実験教室を開いています。

高校生に「あなたの国では物理・数学・化学を何語で習っていますか?」と聞くと、インドの高校生は「教科書も先生の講義も英語です。でも、ふだん友達や家族とはヒンズー語で話します」と言います。学問のための言語と生活のための言語が別々なのです。マレーシアもシンガポールもブルネイなどもそうでした。

しかし、生活に立脚した言語ではなく学問のための言語で、新しい学問を創造することができるのだろうか。ただ浅く理解するだけで終わってしまうのではないか、と疑問に思いました。科学や芸術を創造し実践するということは、生活と一体化した行為なのではないでしょうか。

――先生は米ペンシルバニア大学で1年間研究生活を送られ、その間に受賞対象になった研究成果を上げておられますが、思考する時はやはり日本語だったのですか。

白川 会話は当然、英語ですが、その内容は頭の中で日本語に翻訳していました。話したことを日本語で覚えているのに、英語のセンテンスは覚えていないという奇妙な経験をしました。バイリンガルでない人は、どうしても無意識に翻訳というひと手間かけて母語で考えているのだと思います。

白川先生

杉田玄白の「蘭学事始」が語るオランダ語翻訳の苦労

――科学をはじめ多くの学問を母語でそのまま学べる国は、世界にそう多くありません。その点、日本人は恵まれていますね。

白川 そうです。日本は古くから大陸の漢字文化を取り入れて昇華させ、万葉仮名を作り、漢字(表意文字)と、ひらがな・カタカナ(表音文字)を組み合わせた言語体系を作り上げました。それ以前の歴史記録と言えば、古事記の稗田阿礼のような人物が神話や伝説を口伝えで伝承するしかなかったのです。

江戸時代には長崎に入って来る欧米の科学知識を懸命に日本語に翻訳しました。杉田玄白、前野良沢、中川淳庵らがオランダ語の医学書『ターヘル・アナトミア』を4年かけて翻訳し、『解体新書』(1774年)を出版しました。杉田玄白は後日、『蘭学事始』(1815年)に当時の苦労を、「櫂(かい)や舵のない船で大海に漕ぎ出したよう」と書き残しています。

「鼻はフルヘッヘンドするものなり」とあるが、辞書がないので誰にも意味が分からない。長崎で入手した資料に「木を切ると跡がフルヘッヘンドとなる」などの用例があり、「堆し(うずたかし)」(*)の意味だとようやく分かった。その時の嬉しさといったら何に例えようか。連城の璧(玉)を得た(素晴らしい宝石を手に入れた)気持ちだった。   (*:うず高く盛り上がっているの意)

江戸時代には各藩に藩校があり、窮理学(物理学)や化学の知識を教えるところもありました。数学の分野では、和算(日本独自に発達した数学)の祖として知られている有名な数学者の関 孝和だけでなく、実に多くの町人や農民が和算を学び、自ら解いた数学の難問を絵馬や算額にして神社などに奉納しています。

江戸末期に来日した欧米人たちは、農民が和算を学び和歌を作り、能を舞うことに心底驚きました。当時の日本人の好奇心や探求心・向学心は、ちょっと考えられないほどのすごさで、識字率の高さは世界一だったといわれています。

白川先生

酸化、炭素、水素、細胞――現代に生きる宇田川榕庵の工夫

――先生は津山藩の藩医だった宇田川榕庵(1798年~1846年)の業績にも注目されていますね。どういう人物だったのでしょうか。

白川 津山藩は当時とても先進的な藩で、宇田川榕庵は化学と生物学に非常に興味を持っていました。英国の化学者ウィリアム・ヘンリーが英語で書いた化学の教科書が、ドイツ語からオランダ語に翻訳されて長崎にもたらされ、それを和訳して「舎密開宗(せいみかいそう)」全21巻を出版しました。その中で彼は、酸素、水素、窒素、炭素、白金、元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語を生み出しました。生物学では細胞や属といった用語も考案しています。どの単語も見ただけでその意味が分かり、視覚的にイメージできるよう、漢字の組み合わせが実に的確に工夫されているので、現代の私たちもそのまま容易に理解でき、利用できるのです。

吉野政治・同志社女子大学教授は、「宇田川榕庵による植物部位名の特徴」という論考を著しておられます。それによると、榕庵は近代西洋植物学についても、根、幹、茎、枝、葉、花、果実などの部位を、その機能によって更に細かく分け、内部構造にも名前を付けています。これは薬草の学問として発展してきた本草学とは大きく異なる点です。

このように近代西洋植物学を日本に初めて紹介したのが宇田川榕庵だったのです。解体新書もそうですが、日本人にはもともと、外観だけでなく内部の仕組みも正しく観察しようとする考え方や精神風土があったのではないでしょうか。

――こうした西洋の知識の吸収・翻訳に努める姿勢は、明治になっても引き継がれていますね。

白川 そうです。外国人を2690人も雇っていたのはその1例です。高給取りの外国人をこれほど大量に雇うエネルギーが一体どこから湧いてきたのか。

私たちの先人は、江戸時代から明治維新を経てあらゆる学問分野で、オランダ語・ドイツ語・英語などの文献と取り組み、思考を巡らせて的確な日本語に翻訳してきました。私たちの歴史や文化は、そうした言葉と概念によって、今の時代へとつながってきているわけです。現代の日本人は、こうした先人たちの大きな恩恵に浴していることを忘れてはいけません。

白川先生

英語は大事だが、まず日本語をしっかり学んでほしい

――最近は英語を使う機会が増え、政府も英語教育の早期化を進めています。2020年には「小学3年からの必修化」や、「小学5年からの教科化」を実施する方針です。子どもたちへの英語教育については、どのようにお考えでしょうか。

白川 確かにグローバル化はますます深化しており、世界共通語である英語をコミュニケーションの道具として学ぶのは当然のことだと思います。

しかし、それは母語であり日本の公用語である日本語をしっかり身に付けた上でのこと。まず日本語でしっかり考え、理解し、それを的確に伝達できるようにする。日本語で論理的に説明できない人が、英語で論理的に説明できるはずがありません。

繰り返しますが、今や英語はコミュニケーション言語としてとても大事です。学ばなくてよいということでは決してありません。ただ、完璧な発音のバイリンガルになることを望むなら別ですが、大学生になってからでも、必要になった時点で真剣に学べば、1年もあれば何とかなるものです。科学者であれ、ビジネスマンであれ、日本語がしっかり身に付いている人のほうが、より一層核心に迫った理解ができるし、発想の自由度がより大きいと感じています。

興味や好奇心を持ってこそ創造性を発揮できる

――先生はある大手企業が戦後まもなく創設した子どものための科学教室において、塾長を務められ、子どもたちの「科学する心」の育成に力を入れていらっしゃいます。そこではどういった活動をされているのですか。

白川 毎年夏に小学5年生から中学2年生までの約30人を募って、指導役の小・中学校の先生7人と一緒に長野県や新潟県の自然豊かなところで5泊6日の共同生活をします。

創造性を発揮できるかは、対象にどれだけ興味や好奇心を持つかだと思います。いったん興味を持てば、人は自分で発見する能力を持っているのです。

ではどうやって興味を持たせるか。私は先生たちに「学校教育ではないので、子どもに答えを教えないでほしい」とお願いしています。子どもたちが昆虫やきれいな花を見つけた時、先生が「これは○○だよ」と教えるのではなく、「これは何だろうね、面白いから調べてみよう」と言って、好奇心を引き出してほしいのです。先生が「面白い!」と言ってくれたことが、子どもたちの励みになり、自分で図鑑や辞典で調べるのです。

先生たちに事前に読んでもらっている本があります。米国の生物学者レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』です。彼女は『沈黙の春』という著作で化学物質による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした人ですが、幼い甥と一緒に自然を探索し、発見する喜びをつづっています。彼女は甥の感性や好奇心を育むために、決して自分からは教えません。ぜひ、お父さんやお母さん方に読んでほしい本だと思います。

白川先生

実物を見る、よく観察する、よく記録することの大切さ

――ご自身も子ども時代は岐阜県高山市で過ごされ、自然に大変興味を持たれたそうですね。

白川 子ども時代は植物や昆虫にとても興味がありました。植物は虫に食べられるものだと思っていたら、逆に虫を食べる植物があることを知り、ショックを受け、がぜん好奇心がわいてきました。中学生の時に、近くの高校で催されていた文化祭に行った折りに、生物部の高校生が採集してきた食虫植物のモウセンゴケが展示されているのを見た時は、ずっと目に焼き付いて離れなかったことを覚えています。

こうした体験をもとに、科学教室の子どもたちには、実物を見る、よく観察する、よく記録することの大切さを教えています。

私は大学では高分子化学を学びました。その後、「導電性高分子」の合成だけでなく、高分子物性、とりわけ畑違いの物性物理も勉強することになりましたが、いろいろなことに興味があったので抵抗感はまったくありませんでした。新しい道を切り開くには、あえて異分野にも挑戦することが大切だと思っています。

TEXT:木代泰之

【関連記事】

白川英樹(しらかわ ひでき)

1936年東京生まれ。工学博士(東京工業大学)。1961年、東京工業大学理工学部化学工学科卒業。1966年、同大学院理工学部研究科博士課程修了。1966年、同大学資源化学研究所助手。1976年、米国ペンシルベニア大学博士研究員。1979年、筑波大学助教授。1982年、同教授。1991年、同大学院理工学研究科長。1994年、同大学第三学群長。2000年、ノーベル化学賞受賞(アラン・マクダイアミッド、アラン・ヒーガーの両氏と共同受賞)。