IBMは、カナダのオンタリオ工科大学と共同で、新生児集中治療室(NICU)における予測分析システムを構築しました。未熟児の生理学データをモニタリング・分析することで、生命を脅かす事象への適切な対応を実現。従来の医療現場より早い処置により、患者の死亡・病気にかかるリスクを低下させることができました。

医療現場でのITの課題

早産や疾患のためにNICUに搬送される新生児は、保育器の中で、24時間体制で医療を受ける必要があります。新生児のわずかな体調変化や異常を見逃すことなく観察し、迅速かつ適切な処置を行うことがNICUの使命。しかし、即時の判断を必要とする現場は、肉体的にも精神的にも負担の大きな環境であったため、その業務をITで支援できないかが課題の1つでした。

そこでIBMはオンタリオ工科大学と協力して、最先端の分析予測技術を駆使することで新生児の生命への潜在的な脅威を検知し、事前に異常発生を予測できる仕組みの構築を目指しました。IBMは、ストリームデータをリアルタイムで処理するソフトウェア「IBM InfoSphere Streams」を活用することでストリーミング・コンピューティングのプラットフォームを構築。新生児の身体に装着されたセンサーから刻々と送られてくる多様なデータ(体温、心拍数、血圧値・血液成分など16種類)をリアルタイムで収集・分析。また心肺停止や院内感染などの罹患リスクの存在を伝える予測分析の仕組みが加えられました。

導入による効果・期待

システムの導入によって、ベテラン看護師による直接診断よりも6~24時間早く新生児の容態異常を検知することが可能になりました。また、複数の患者を同時に観察することで、院内感染予測等にも貢献。リアルタイムでのデータ分析は、新生児の生存率を大きく高める機会になりました。
今後はさらに、テクノロジーによって医師が新たな臨床仮説を検証することも可能となるなど、長期的なメリットがもたらされることも期待されます。

photo:Thinkstock / Getty Images