IBM × シュタインズ・ゲートで贈る、少しだけ未来のショートストーリー。

シュタインズ・ゲート

STEINS;GATE 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング Sponsored by IBM

IBM

EPISODE IV  会議編

あらゆる情報から学習し、自然な対話を通じて、意思決定を支援するコグニティブ・コンピューティング

人間の脳にヒントを得たコグニティブ・コンピューティング・システムが岡部たちラボメンの生活を変える。

20XX年。IBMが提唱する次世代(第三世代)のコグニティブ・コンピューティング・システムは、
「未来ガジェット研究所」のラボメンたちの周りにも広く浸透していた。

コグニティブ・コンピューティング・システムは、
プログラムに依存する従来のコンピューターとは異なり、
自然言語を解釈し、蓄積した膨大な知識や経験から学習する。
そして、私たちの意思決定を支援し、可能性を拡げる。

さまざまな端末に、このシステムが接続された近い将来。
岡部を始め「未来ガジェット研究所」のラボメンたちが享受する「コグニティブ」な生活とは?

コグニティブ・コンピューティングの先駆け、IBM Watson

2014年の時点において、すでに実稼働しているコグニティブ・コンピューティングのひとつに、IBM Watsonがあります。

自然言語を理解し、仮説を立て、複数の解答候補がそれぞれどの程度確かなのか評価を行い、意思決定を支援することができるIBM Watson。2011年には、アメリカの人気クイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」にて人間のクイズ王に勝利し、その能力の高さを示したことは有名です。

プログラミングなしに、知識を蓄え、経験を通じて学習し、私たちの意思決定を支援します。