About IBM × STEINS;GATE  IBM × STEINS;GATEについて

2009年10月15日に発売された、タイムトラベルをテーマにした想定科学アドベンチャーゲーム『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』。もともとはXbox360専用タイトルでしたが、秋葉原を舞台にしたリアルと虚構が複雑に絡み合うストーリーと、張り詰められた多くの伏線が話題を呼び、マルチプラットフォーム展開だけでなく、アニメ化や映画化までされた大人気ゲームです。

その物語の中で、キーアイテムとして登場した“IBN5100”。いまでは風化してしまった特殊なコンピューター言語でしか動かせない、古(いにしえ)のパーソナル・コンピューターとして、ある組織の暗号を解読するための、まさに「鍵」として表現されていました。

実はこのコンピューター、IBMが1973年に開発したポータブルコンピューター「IBM5100」がモデルになっていたことは、ご存知でしょうか? ゲーム版やアニメ版で描かれた“IBN5100”と、形状は少し異なりますが、ポータブルというには少々無骨すぎる筐体と、そのわりには小さすぎるモニターが、完全に一致しています。

それから41年。IBMのコンピューティング技術は進化し、IBM Watsonというコグニティブ・コンピューティング・システムを生み出しました。「IBM5100」と“IBN5100”の縁を記念して、コグニティブの思想を『STEINS;GATE』のラボメンの面々に語ってもらったのが、本企画『STEINS;GATE 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング』です。ファンの方も、そうでない方もぜひお楽しみください。

IBM5100

メインキャラクター Main Character

  • 岡部 倫太郎 [愛称:カオリン、鳳凰院凶真] CV: 宮野真守

    『STEINS;GATE』の主人公。いわゆる「厨二病」で、
    大げさなセリフ回しがうっとうしがられるが、
    仲間思いで実は慕われている。

  • 牧瀬 紅莉栖 [愛称:助手、クリスティーナ] CV: 今井麻美

    18歳にして飛び級で大学を卒業した才女。
    一見クールに見えるが、興味をもったことには
    やたらと首を突っ込む、ツンデレキャラ。

  • 椎名 まゆり [愛称:まゆしぃ☆] CV: 花澤香菜

    岡部の幼なじみ、いつもニコニコしている天然キャラ。
    「トゥットゥルー♪」が口グセで、
    キャラクターの「うーぱ」が大好き。

  • 橋田 至 [愛称:ダル] CV: 関智一

    岡部の高校時代からの友人。
    PC関係に強く、ハッキング技術に長けている。
    2次元から3次元まで節操なく萌える、
    アクティブなオタク。

STEINS;GATEのスタッフとキャスト

原作:志倉千代丸 / MAGES. / Nitroplus
監督:村川健一郎

企画:安田猛
シナリオ監修:松原達也  脚本:林直孝
キャラクター原案:huke  キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
色彩設計:佐藤美由紀  美術監督:東 潤一  撮影監督:佐藤勝史 塩川智幸  3DCGI:相馬 洋
デザインワークス:コレサワシゲユキ 灯夢  編集:須藤 瞳  音響効果:川田清貴

キャスト
岡部:宮野真守  まゆり:花澤香菜  ダル:関智一  紅莉栖:今井麻美  うーぱ:山本彩乃

制作協力:日本IBM
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:STEINS;GATE MOVIE PROJECT

© 2013 5pb./Nitroplus STEINS;GATE MOVIE PROJECT