EPISODE Ⅰ クッキング編「どうやら俺は、幻でも…味わっているらしい」

料理が不得手な椎名まゆりと牧瀬紅莉栖が、「これから唐揚げを作る」と宣言。彼女らの料理の腕を信用していない岡部倫太郎と橋田至は、必死の抵抗を試みるが「ひみつ道具があるから大丈夫」だという。まゆりと紅莉栖が頼りにする、マスコットキャラ・うーぱに実装された「コグニティブ」システムとは?

NoteⅠ / クッキング編 コグニティブ・クッキング まだ誰も味わったことのない美味

コグニティブ・コンピューティングのひとつであるIBM Watsonは、私たちをもっとクリエイティブにしてくれます。たとえば、いままで誰も食べたことないような、斬新な食材の組み合わせのレシピを提案することもできるのです。

知識を蓄え、経験から学び、提案できるIBM Watson。食材に関する分子レベルのデータなどあらゆるデータを検討して、人間が美味しく感じるはずの食材の組み合わせと調理方法を導き出すのです。

今回の作品に出てきたチョコレートブリトーも、そんなIBM Watsonとシェフが協業して考案した新しいレシピのひとつ。こちらのサイトにレシピが掲載してあるので、気になった方は、ぜひご自身でチャレンジしてみてください。また、IBM Watsonをベースに開発されたシェフ・ワトソンと共同考案した新作レシピを公開中。