EPISODE Ⅳ 会議編「そっかー。やっぱり、そうなっちゃうよね♪」

実験による騒音のため、ビルのオーナーから立退くよう通告を受けた岡部たち。どのような物件に移り住めばいいのか、ラボメンの4人で検討することになった。そこで、紅莉栖が「コグニティブ」システムに接続された端末・うーぱに進行のアシスタントを依頼。はたして、4人の希望が叶う物件は見つかるのか?

NoteⅣ / 会議編 自然なインタラクションで、円滑に会議を進行

会議中に必要となった情報をタイムリーに提供し、議論の円滑な進行やスムーズな合意形成をサポートしてくれる、そんなアシスタントがいたら便利だと思いませんか?

コグニティブ・コンピューティング・システムは、人間の話す自然言語を解釈し、インタラクティブな対応が可能。しかも膨大なデータの中から、必要なときに的確な情報を提供してくれるので、議論の円滑な進行を促してくれること請け合いです。

意思決定に役立つ情報、必要な情報の提供はコンピューターが行って、人間は最終判断を行う。「コグニティブ・コンピューティング」の時代は、すぐそこまで来ています。