アフター・コロナ時代の新しい働き方――IBM Cloudがもたらすリモート開発のニュー・ノーマル

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の企業が社員の外出自粛や事業の縮小を余儀なくされました。IT開発プロジェクトも、これまでセキュリティーの観点からオンサイトで行われてきたため、多くの企業はプロジェクトを中断し、顧客サービスの向上と事業成長の機会を失いました。
IBMがクラウド上で提供する「DevSecOps from Home」のソリューションは、セキュリティーの課題を解決し、社員が自宅や遠隔地から開発を行える仕組みです。パンデミックや災害時に業務を中断せずに行えるだけではなく、障がい者の雇用や介護・養育で在宅勤務を行う多くの人々にとっても、アフター・コロナ時代の新しい働き方改革が実現できます。

企業の生産性を高めるリモート開発

「DevSecOps from Home」を開発したチームの一人で、金融業のお客様にサービスを提供する日本IBMの藤田一郎エグゼクティブ・アーキテクトは語ります。
「新型コロナに対する政府の緊急事態宣言後は、お客様内で進行していた多くのプロジェクトも休止状態になりました。そこで直ちにお客様と協議の上、リモート開発環境の構築とその実現のための体制、運用方法などを確立し、IBM Cloudを利用したリモート開発ソリューションDevSecOps from Homeにより短期間で仮想開発環境をご提供しました。
このことで、お客様だけでなく、ビジネス・パートナーの方々、IBM社員などプロジェクトに関係する多くの人々が、通勤をせず自宅や遠隔地からの業務を継続することが可能となりました。開発を継続できたことのみならず、皆さんをコロナウイルスの脅威から守ることができ、本当にほっとしています」

DevSecOps from Homeは、外部との通信を遮断した仮想プライベート・ネットワーク環境を構築し、全ての開発は、DaaS(Desktop as a Service)と呼ばれる仮想デスクトップ上で行われます。安全管理面からも、データ等をローカルPCに保存することや印刷することもできないため、高いセキュリティーを実現できます。
企業は、今後ウイルス対策のみならず、災害や社会情勢などによる事業継続のリスクを考慮したBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の策定にリモート開発の環境をスタンダードとして導入していくことが期待されます。
また、リモート開発は、IT人材不足解消のメリットもあります。オンサイトでの開発は、大都市圏で行われることが多く、その通勤圏の人材が対象となります。リモート開発が可能になれば、日本中のみならず世界からも広く優秀な人材を確保でき、企業の生産性そのものを高めることが可能です。

社会を変革する新しい働き方

アフター・コロナの時代には自宅で独り黙々と開発作業をするのではなく、さまざまなコミュニケーション・ツールを活用したリモート開発が盛んになります。そのための多機能なチャットツール、プロジェクトの進捗状況を可視化し全員で共有できる管理ツール、オンライン会議システムなどが充実してきています。これを上手に活用しコミュニケーション、コラボレーションしていくことで、さらに生産性を上げていくことができます。

リモート開発は、介護や養育などの理由でフルタイムやオンサイトでの勤務が困難な人材の活用も可能となり、通勤や長時間勤務が難しい障害のある方々へも多くの就労の機会を提供することが可能です。
混雑する電車で通勤をする必要がなくなり、日本中どこにでも住居を移すことができますので、自分専用の広いワークスペースも夢ではなくなりました。新たに生まれた時間を大切な人や趣味、さらには次なる挑戦の時間に当てることで、私たちの生活にこれまでになかった豊かさも与えてくれるでしょう。

Photo:PIXTA