(注)
(1)Vera McWilliams, Lafcadio Hearn, New York, 1946, repr. 1970, p.39.
(2)D. Milburn, A History of Ushaw College, Ushaw, 1964, p.57.
(3)Milburn, op. cit., pp.170-174; E.Towers, D. D., ‘The Revolt at Ushaw’, 1842, Ushaw Magazine, LV (1945) pp.1-29
(4)Milburn, op. cit., p.176.
(5)V. McWilliams, Lafcadio Hearn, p.44.
(6)後にアショー校の校長(一九〇九-一九一〇年)となる、ラフカディオの同時代人ジョゼフ・コービシュリー(Joseph Corbishley)がこう書いた。
(7)V. McWilliams, op. cit., pp.39-40
(8)教会の高位の仕事についた別の者が、聖堂参事会員の気楽さでもって後にこう書いている。
(9)V. McWilliams, op. cit., p.40
(10)Lafcadio Hearn ; Containing Some Letters from Lafcadio Hearn to His Half-Sister, Mrs. Atkinson, New York, 1912
(11)Letter to Basil Hall Chamberlain, October 2, 1984, in Japanese Letters of Lafcadio Hearn, ed. E. Bisland, London and New York, 1911, p.388.
(12)同右。
(13)Stevenson, Lafcadio Hearn : Biography, Mcmillan ; New York, 1961, op. cit., P.15.
(14)Stevenson, op. cit., p.14.
   遠田勝訳『評伝 ラフカディオ・ハーン』(恒文社 一九八四年)、34頁。(訳者注)
(15)Life and Letters of Lafcadio Hearn, London and New York, 1906, pp. 26-32.
(16)同右、Ⅰ、27-28頁。
(17)同右、29頁。
(18)Life and Letters, p.30.
(19)同右 31-32頁。
   『評伝 ラフカディオ・ハーン』、30頁参照。(訳者注)
(20)Stevenson, op. cit., p.21.
   『評伝 ラフカディオ・ハーン』、44頁。(訳者注)
(21)監督総監 一八四五-一八五四年、副校長 一八七七-一八七八年、校長 一八七八-一八八五年。
(22)Japanese Letters of Lafcadio Hearn, 11 July 1893 and 31 October 1893 ; p.135, p.187.
(23)Life and Letters, I, pp.32-33.
(24)V. McWilliams, op. cit., p.41.
(25)「彼女たちは毎朝、日曜日の朝も含めて、五時三十分に起き、六時に聖ヨセフ堂(このお堂はその頃メイドチャペルと呼ばれていた)で庶務担当の修道士によって毎日行われたミサに出席した。こんな早くに行われるわけは職員と生徒がお祈りを捧げミサを行っている間に、ベッドを整え、部屋や寮の汚水を捨てるためであった。どういったかの形で朝食をとるための休みを取っていたのだろうが、彼女たちは我々が教室に入る頃には、部屋や廊下を掃除するために二階に戻っていたのか、とにかく我々の目の届くところにはいなかった。たくさんのメイドが台所や洗濯室や裁縫部屋で働いていたが、我々は決して彼女たちの姿を見かけなかったし、ましてや話したりしなかった。」
L. L. McReavy, ‘Recollection of an Earlier Ushaw,’Ushaw Magazine, No.249, col.LXXXVIII, June 1977, p.13.
(26)Nina H. Kennard, Lafcadio Hearn : Containing Some Letters from Lafcadio Hearn to His Half-Sister, Mrs. Atkinson, New York, 1912, p.12.
(27)同右、pp.13-14, in Stevenson, op. cit., p.8.
(28)E. Bisland ed. Life and Letters of Lafcadio Hearn, Vol Ⅰ, pp.10-11.
(29)L. Hearn, Out of the East, London, Cape, 1927, pp.22-23.
(30)Cf. J. Scott, ‘The Game of Cat’, ‘Ushaw Magazine, ’Ⅱ, 1893, pp.19 et seq.
(31)Stevenson, op. cit., p.24.
   『評伝 ラフカディオ・ハーン』、48頁。(訳者注)
(32)Stevenson, op. cit., p.25.
   『評伝 ラフカディオ・ハーン』、49頁。(訳者注)
(33)Stevenson, op. cit., p.74.
(34)Letter to Basil Hall Chamberlain, March 6, 1894, Japanese Letters of Lafcadio Hearn, pp.268-270.
(35)平井呈一訳『日本 一つの試論』四六二-四六三頁、柏倉俊三訳『神国日本』四〇四-四〇五頁参照。(訳者注)
(36)Japan, An Interpretation, p.371.
(37)同右、
(38)同右、371-372頁。
(39)Stevenson, op. cit., p.265.
(40)Letter to Basil Hall Chamberlain, February 4, 1893, Japanese Letters of Lafcadio Hearn, pp.47-48.
(41)チャールズ・ハーン(Charles Hearn)は一八六六年十一月二十一日、インドから帰途の途中、スエズでマラリアに罹って死んだ。ラフカディオはその時にはすでに三年アショーにいたあとで、もう一年アショーに滞在する。
(42)Japanese Letters of Lafcadio Hearn, pp.48-49.
(43)同右。
(44)Life and Letters of Lafcadio Hearn, p.34.
(45)‘Recollections of an Earlier Ushaw’, Ushaw Magazine, June 1977, No.249. Vol.LXXX Ⅷ, p.3.
(46)D. Milburn, A History of Ushaw College, Ushaw, 1964, p.282, n.44.
(47)Vol. L., pp.17-38.
(48)なぜ「その結果」なのかはいっこうにはっきりしない。
(49)同右、34頁。
(50)Exotics and Retrospectives, London, 1905, p.177.
   『評伝 ラフカディオ・ハーン』、46頁。参照(訳者注)
(51)Vasey, op. cit., p.35.
(52)London., Cape, 1942, p.44.
(53)彼女はこう一九〇八年五月三十日に記している。

 


Sponsor Content Presented ByIBM

※日本IBM社外からの寄稿や発言内容は、必ずしも同社の見解を表明しているわけではありません。


123456789