スーパーエンジニアに聞く、ビジネスを変える企画の作りかた

この記事はIBM THINK Watsonに掲載された記事を転載したものです。
元記事はこちら

「クライアントの要望に応える仕事」というイメージが強いエンジニア。しかし今は、「テクノロジーの最先端を知るエンジニアこそが新しく面白い企画を提案できる」時代だ。 つくり手の能動的な思考が、これからのビジネスをより明るくするのかもしれない。

「エンジニアはものづくりの仕事だ」セオ商事の瀬尾浩二郎さんはこう言う。エンジニアとしての顔を持つ一方、「そのサービスやプロダクトが世に受け入れられるためにはどうすれば良いか」と、ユーザーやクライアントを見つめ、サービスの企画制作から開発まで担当している。瀬尾さんにとって、ものづくりは企画から始まる。その「極意」をのぞいてみよう。

瀬尾 浩二郎 (株式会社セオ商事)

大手SIerを経て、2005年に面白法人カヤック入社。Webやモバイルアプリの制作を主に、エンジニア、クリエイティブディレクターとして勤務。自社サービスから、クライアントワークとしてGoogleをはじめ様々な企業のキャンペーンに至るまで、サービスの企画制作を担当。2014年4月よりセオ商事として独立。「企画とエンジニアリングの総合商社」をモットーに、ひねりの効いた企画制作からUI設計、開発までを担当。
Twitter: @theodoorjp ホームページ: http://theocorp.jp

エンジニアとして活躍していた瀬尾さんの転機は、前職であるカヤック時代のクライアントワーク経験だった。Googleやマイクロソフトをはじめとする企業の案件で、テクノロジーをよく理解していることがよい企画に繋がると確信し、自分のスタイルを確立していったという。その後、独立。常に新しい技術やユーザー体験の観点からものを見つつ、企画から開発までを行う。

「新しいテクノロジーを使いこなす技術をもちながら、一から企画をしてプロダクトをつくれる人は珍しい。エンジニアは”ものづくり”の仕事なのですが、エンジニアが自ら主導して企画を考えることはなかなか浸透していないのではないでしょうか」

企画に必要な4つのステップとは

自分がつくりたいものを思いついても、それを実現するのはなかなか難しい。では、瀬尾さんが伝授するエンジニアが企画をするためにすべきこととは何だろうか 4つのステップをご紹介しよう。

1 ハッカソンや勉強会にいこう
2 人と話してアイデアを深めよう
3 シンプルな企画書を書こう
4 アイデアを形にするための環境づくりをしよう

続いて、各項目の詳細について説明する。

ステップ1 ハッカソンや勉強会にいこう

「何かつくってみよう」と思っても、やり方や進め方がわからないもの。本やSNSを参考にインプットしたり、休日プログラマーになってみるのもあり。さらなる刺激が欲しい人は、ハッカソンや勉強会に行って、「ものづくりをしている」仲間を増やしてみるのもよい。無料イベントなどもあるので、ネットで自分に合うものを見つけて参加してみよう。

ステップ2 人と話してアイデアを深めよう

アイデアを出すときのおすすめの思考法は、企画書を書く前にまずは人と話してみることだ。SNSに投稿をして反応を伺うというのも一つの手段。1人で考えていると自信がなくなるが、誰かにアイデアを共有するとイメージも固まりやすい。そこから手書きでラフなイメージを書くと効率的。

ステップ3 シンプルな企画書を書こう

最低限書くべきことは次の3点。分かりやすくシンプルな企画書にしよう。

  • わかりやすいタイトル
  • 何のためにつくるか
  • どういう機能があるか

ポイント要素をつめこんだ資料は作らず、箇条書きでもいいのでシンプルな内容からはじめること。サービスをつくる場合、余裕があれば「トップ画面のラフスケッチ」などがあると、なおよい。「実際に動いたら面白そう」だと思わせることが大事だ。そこから徐々に詳細な機能やスケジュールといった要素を増やしていくと進めやすい。

ステップ4 アイデアをかたちにするための環境づくりをしよう

会社でも個人の仕事でも、企画をかたちにするためには、理解を示してくれる同僚や、企画の手助けとなる人や組織へ繋げてくれそうな人を味方につけることが大事。考えていることを人に伝え、周りを巻き込みながら、アイデアを実現するために必要なことを企画に盛り込んでいこう。一番大変なのは世に出した後。つくることはゴールではなくスタート。「でもあまり先を考えずに出してみて経験していくのが大事ですね」。

瀬尾さんの企画書(作らずに終わった幻のIoTガジェットの企画書)

作らずに終わった幻のIoTガジェットの企画書

瀬尾さんの企画書(Olympusのカメラデバイスをつかったアイデアの企画書)

Olympusのカメラデバイスをつかったアイデアの企画書

サービス設計に必要なこととは

成功するサービスは全体のわずか数パーセントという厳しい世界。多くのサービスに携わり、何度も失敗を乗り越えたという瀬尾さんが「サービス設計に欠かせない」と考えるものは何だろうか。

1. タイミングを見極める

まずは「タイミング」。よくある失敗の原因は「早すぎる」こと。タイミングを見極めるのは難しいが、もし早すぎて失敗しても、例えばメッセンジャーアプリのブームが何度も来ているように、流行はループする。またタイミングが合えばぜひ再チャレンジしてみよう。

「iPhoneが出始めた頃に、楽器アプリが流行るだろうと思って1個つくったら反響がよかったんです。調子にのってもっと高機能な2個目を出したら、大コケ。まだ早すぎたと思って、実は次のタイミングがくるのをずっと待っています。失敗すると凹むけど、反省はそこそこにして早く立ち直ることも大事です」

2. ユーザーテストを行う

良い企画でもユーザーテストのかけ方で仕上がりはかなり変わる。モックの段階からユーザーテストをおこない、速やかに軌道修正し、成功率をあげることが大切だ。ユーザーテストのやり方もさまざま。実際に人を呼んでテストする一般的なやり方から、最近ではオンラインでユーザーテストを依頼することもできる。ここ数年ほどでUI/UX設計におけるユーザーテストの技術が上がっているので、サービスの初歩的な箇所での失敗は減っている。

3. リスクを把握する

新しいことを行う際につきものなのがリスク。使っている技術が不安定だったり、サービスとなるとユーザーが思わぬ行動をとったりすることもある。できるかぎり事前に把握しておきたいところであるが、問題が生じたときには、それを解決するための前向きなアイデアをいつでも出せるような柔軟さも大切。例えば現行のAPIが規約変更で使えなくなった場合には、代替えとなるAPIを探すか、自分達で新たに開発することができる。場合によっては、APIを利用せずユーザーに価値を提供できるよう、サービス設計を見直すことも必要だ。

4. 「新しいものに挑戦している雰囲気」をつくる

新しいテクノロジーが出れば出るほど、クライアントに提案できることは増える。セオ商事の最近の例でいえば、ユーザーとのコミュニケーションで困っている会社に対し、チャットボットの提案をしているという。逆に、話題になったテクノロジーを見て「うちの会社でもできる」といった話が来ることも。

瀬尾さんがジェスチャーを使いながら話している

日々クライアントから「これできる」と投げられるので、新しいAPIやプラットフォームが出てきたら、試したり何かをつくったりしてみますね。こちら側が「柔軟につくっている雰囲気」「新しいことをやっていそうな雰囲気」があると話が来やすいんです。こんなことできたら面白いよね、みたいな話を普段からして企画のタネを蒔いています。

エンジニアがよりよい社会をつくるには

いま、サービス設計においてユーザー体験を構成するものが目に見えないものになってきている。例えば、ユーザーの動向によってUIが変わるサービスや、専用のUIを必要としないチャットボット、また画面を持たない音声インタフェースなど。そんな時代にエンジニアに求められるものは何か。

「ユーザーの問い合わせ対して、どのような応答を返すのか」「どのようなロジックがユーザーにとって快適なのか」ということがサービス企画の根本に関わってきていると思います。「例えば機械学習とルールベースのAI、それぞれ何ができて何ができないか」ということを理解しながら企画を進めるには、プログラム知識は必須となるでしょう。またユーザーの要望に応えるために、ただ言われた通りに実装するだけでなく、エンジニアが企画を考えるための知識を身につけることも重要になってくると考えています。

そうなってくると、エンジニアが考えて生み出したテクノロジーが、よりダイレクトに社会を変えます。ですから、現場にいるエンジニアが社会に何が必要かを見極め、より良いものを作ろうとする姿勢が大切だと思っています。

瀬尾さんが立っている

瀬尾さんの連載「エンジニアのための企画書講座」もお薦め

エンジニア向け勉強会やイベントを探す

【関連記事】