神奈川県鎌倉市に本拠地を置く“面白法人カヤック”こと「株式会社カヤック」は、その社名の表すとおり、世の中を面白く楽しくすることで急成長を遂げている。上場企業として売り上げや利益を伸ばしながらも、世の中や社員の「人としての豊かさ」を追求する新たな指標づくりを目指し、独自の地域資本主義ともいえる「鎌倉資本主義」を提唱する。地方創生の1つの鍵となるその仕組みと理念について、同社代表取締役CEOの柳澤大輔氏にお話を伺った。

幸せになるために会社をつくった

――鎌倉市に本社を置いた理由は何ですか。この街のどういったところに魅力をお感じになりましたか。

柳澤 起業したら、住みたい街に会社を置こうと決めていました。それはもちろん自分が住みたい街でもありますし、世間一般の人が住みたい街でもあります。鎌倉市は、さまざまな調査で住みたい街の上位に常にランキングされています。住みたいからには何か理由がある、そこにはきっと幸せになるための条件がそろっている、と思ったのです。
学生時代、大学が比較的鎌倉に近かったので、時折訪れていましたが、来るたびに気持ちがいい場所だなあと思っていました。海と山の自然があり、長い歴史や文化もある。なにより住民がこの街を愛しているということを感じました。日本のナショナルトラスト運動、NPO発祥の地でもあり、地域活動が活発です。そこに価値が生まれます。
住みたい街に住み、住みたい街で働く。これが「人としての豊かさ」を生み、幸せになれるのではと思い、ここに本拠地を置きました。

柳澤氏

――社員の皆さんは、みんな鎌倉にお住まいなのですか?

柳澤 市域外から通勤している社員もいますが、鎌倉に住む社員への住宅手当を出していますので、多くの社員が鎌倉に住んでいます。豊島屋さんと共同でつくった「まちの保育園 鎌倉」に、社員の子どもを預けることもできます。これにより職住近接し、より豊かな生活が送れると思っています。会社が近ければ、朝はゆっくり出勤できますし、会社の近くに子どもを預けることができます。幸せですよね。

――本社のすぐ近くに「まちの社員食堂」がありますが、とても賑わっていますね。

柳澤 「まちの社員食堂」も賛同いただいた会員企業と一緒につくりました。鎌倉市在勤の方のための社員食堂です。社員食堂って、ビル丸ごと1つの企業が入っているというケースでもなければ、設置できないですよね。たとえ社員食堂があったとしても、自社の人たちだけが利用するのでは、地域との交流もないしパターン化されたメニューなどで面白くないな、と思ったのが作ったきっかけです。
さらに鎌倉という土地柄、観光客が多いため、ランチタイムは特に混みがちだったり、安価なお店を探すのは結構大変なので、「まちの社員食堂」を利用いただいている方からの満足度は高いです。また、メニューも飽きないように鎌倉の40のお店が毎週週替わりで入店し腕を振るいます。「鎌倉のためなら」ということで、多くの鎌倉のレストランにご協力いただいて感謝しています。

柳澤氏

――毎週、違うレストランのメニューが楽しめるのは面白いですね。他にこだわっているところはありますか?

柳澤 一応社員食堂なので、鎌倉で働く人のために、すべてのレストランにお願いしたことがあります。添加物など使わない体に良いものを出してください、鎌倉で採れた食材を使ってください、美味しいものを提供してください(笑)、この3つです。

――「まちの社員食堂」は、どんな効果を生み出していますか?

柳澤 一番重要なのは、人とのつながりです。普通の社員食堂ですと自社の人にしか会えません。ここでは企業の枠を超えていろいろな会社の社員と知り合うことができます。さきほど手頃な価格でランチが食べられるメリットを挙げましたが、実は最大のメリットは夜の営業にあります。お酒も飲めますし、お昼よりゆったりとした時間を過ごせるので、多くの人と仲良くなることができます。これが重要です。ここで鎌倉在勤、在住のネットワークやコミュニティーが生まれているのです。そこから次の新しいアイデアやプロジェクトの実現のための仲間ができます。
なにより「まちの社員食堂」に行けば、あの人に会える、誰かに会えると思うと楽しいじゃないですか。

柳澤氏

「まちの社員食堂」夜の部は、18時半より営業

地域創生の鍵、「鎌倉資本主義」とは?

――企業の枠を超えたこうした活動で、苦労された点はありますか。

柳澤 「カマコン(鎌魂)」という下地があったので、どれも大変スムーズにいきました。「カマコン」とは、僕も創立メンバーの1人である地域活動のコミュニティーで、鎌倉の街を良くしようという人たちの集まりです。そこに企業メンバーもたくさん入っているので、何か面白いことをやろうとなるとトントン拍子で進みやすくなっています。

――現在、地方創生を掲げ、日本の各所でさまざまな取り組みがされていますが、柳澤さんの提唱されている「鎌倉資本主義」に解決の鍵があると思います。「鎌倉資本主義」について少し詳しく教えていただけますか。

柳澤 資本主義の仕組みは、基本的に「資本を増やし利益を上げていけば人は幸せになる」、つまり、GDPが大きくなり「経済発展すれば国民は幸せになる」という考え方に基づいています。
カヤックも資本主義の仕組みである株式上場(東証マザーズ)をしていますのでその方針に乗っ取ります。ただ、従来の物差しであるGDPだけでは測ることができない幸せもあり、むしろそれだけを指標にしていると、時に不幸せな事態を招いてしまう。なのでまずは、新しい指標が必要ではないか、というのが最初の出発点です。

「そのヒントが地域にありそうだ」という着眼点が、鎌倉という地域にいてわかってきました。おそらく利便性や短期的な経済合理性を考えれば、日本では東京に本社を置くのが効率的です。しかし、自分の地域の特色を生かし、地域から始まる新たな資本主義の形を実現していく、それが「鎌倉資本主義」です。

柳澤氏

「鎌倉資本主義」を構成する3つの要素があります。「経済資本」「社会資本」「環境資本」です。
「経済資本」は、その地域に根ざして活動する企業です。私たちカヤックもその1つ。資本主義ですから、もちろん経済活動はその根幹です。まず地域を盛り上げる時は、経済活動を活性化させることが大前提です。そのためには地域の売り上げを上げるために、強い産業を地域で作らなければなりませんし、地域のコストを下げるために、域内消費を増やしたりといった従来の施策は必要です。でも、そういった経済資本を増やす活動だけではなく、それ以外に2つの資本を増やすことにも企業はコミットします。地域には、そこで働く人が集まり、働く人とその家族が周辺に住みます。集まった人の中のつながりが「社会資本」です。先ほどお話した「まちの社員食堂」は、まさにこの「社会資本」を充実するために貢献します。企業や組織の枠を超えて、人と人がつながる。それが地域の力となり価値になります。「社会資本」を増やすための仕組みがとても重要です。
そして3つ目が「環境資本」です。これは、まさにその地域の魅力ですね。自然、伝統工芸、歴史、特産物など、その地域ごとにいろいろなものがあると思います。そうした地域の魅力を新しく面白いアイデアでさらに魅力的なコンテンツに作り上げ、社会に発信していきます。この3つの資本を生かして、各地に「XX資本主義」ができていったらなと思います。

――各地のイベントなどでは一時的に盛り上がりますが、地域創生の根本的な解決にはなっていないケースが見受けられます。どのように進めることが重要とお考えですか。

柳澤 「うまくいく」の定義にもよりますが、地方創生というものが経済資本にだけフォーカスして話をすると、独自の産業がないまま何となく東京でうまくいったことを真似たり、一時的な助成金で何かをぶち上げたりしても、持続可能ではないということが1つ。そもそも経済資本だけでは大都市にどうやってもかなわないので、そもそも頑張ってもそのものさしだけではうまくいかないということではないかと思います。であれば、本当の地方創生をするには、まずは経済基盤が必要です。その地域の企業がまず中心となって経済基盤をつくらねばなりません。その上で、従来視覚化されていなかった「社会資本」「環境資本」を可視化すれば、場所によっては経済資本はそこそこでも社会資本が非常に充実した地域が出てくる。それは地域が輝くということであり、それが真の地方創生ではないかと思います。

そして、この3つの資本は並列ではなく、「経済資本」の土台の上に「社会資本」、その上に「環境資本」があり、3つのそれぞれの資本ごとに、資本を増やしていくためのコンテンツ、資本が増えているかどうか測る物差しと指標も必要となってくるでしょう。

ちなみに、鎌倉で活動をして、鎌倉の社会資本の豊かさは東京に勝るといまは思っていますが、今後は、「社会資本」の価値は意外と都会の方が早く気づくという可能性もあります。逆説的ですが都会の人の方が感度が高いので。また、そもそも人が多いので、コミュニティーがつくりやすいし、働いているビルごと、住んでいるマンションや地域ごとなど、企業や組織を超えたコミュニティーがつくりやすいのです。

ただ一方で、地方は「環境資本」において都会に勝る魅力を持っています。そこは圧倒的に強みです。その魅力をしっかりと指標にして示せれば、自信を持って地方創生につながるのではないかと思っています。

柳澤氏

とことん面白さを追求した20年、そしてこれからも!

――御社ではすべてのプロジェクトにおいて、必ずブレインストーミング(ブレスト)を行って、アイデアを出しているそうですね。

柳澤 最終的に決定を下すフローは別にありますが、まずはブレストを行います。ブレストそのものは結論を出すところでなく、とにかく発散する場。たくさんのアイデアを出すのが目的です。実はこのブレストが、地域活動にはぴったりでした。
さまざまな人が集まって地域の課題にブレストをすることで、地域の問題が他人事ではなく自分事にすることにつながります。

――ホームページには、それぞれのアウトプットのストーリーやプロセスを紹介していますね。

柳澤 しっかりとしたプロセスを見せることにこだわっています。時には失敗した場合も、その過程を見せます。それが次の成功に結びついていますね。

――漫画を使った社員紹介や社員インタビューを掲載するなど、どれもユーモアにあふれています。

柳澤 退職者インタビューもあります(笑)。 社員の90%がクリエーターやエンジニアで、独立していく人も多いです。しかし、彼らとまた別の形で協業することもありますし、互いに成長していけることは楽しいですよね。

柳澤氏

――創立20周年に際しては、Web上で「大カヤック展」を開催されています。これまでの20年を振り返り、そして今後、どのような会社にしたいとお考えですか。

柳澤 これまでの20年の成果をインタビュー記事やカヤックのテクノロジーの歴史とともに振り返っています。最近、「大」ってほどじゃないなぁということで、「小カヤック展」に名称変更しました(笑)。11月下旬の鎌倉での実展示は、新しい研究開発オフィスのお披露目も兼ねて実施しました。
「鎌倉資本主義」をキーワードとしてしっかりと根付かせ、地方を含め日本全体を面白く成長させるヒントを出していけたらと思っています。鎌倉では保育園と社員食堂の次は、「まちの人事部」や「まちの映画館」もつくっていきます。「まちの映画館」というのは、街全体を映画館にするというアイデアのもと、地元のカフェやコミュニティー・スペースなどで映画を上映して、見終わった後にみんなで感想を語り合ったり親睦を深め合ったりしようというものです。その他にも、順次「まちのシリーズ」となるものをオープンしていく予定です。
このように、これからも社内外に面白いものを提供して、人々の生活の豊かさに貢献できればと思います。

TEXT: 栗原 進

柳澤大輔(やなさわ・だいすけ) 
株式会社カヤック 代表取締役CEO 

1974年香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。1998年、学生時代の友人と「面白法人カヤック」を設立。オリジナリティあるWebサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲームなどのコンテンツを発信する。また、「面白法人」というキャッチコピーのもと、ユニークな人事制度(サイコロ給、スマイル給、ぜんいん人事部)や、ワークスタイル(旅する支社)を発信。2014年に東証マザーズ上場。地域活動として、2013年よりITの力で鎌倉を支援する「カマコン」をスタート。2017年より「鎌倉資本主義」を提唱している。2018年11月、地域から新たな資本主義を考える「鎌倉資本主義」(プレジデント社)を上梓。