見えざる教育格差を顕在化し、そこに情熱あふれる教育のリーダーを派遣してきた認定NPO法人Teach For Japan。日本におけるその活動の創設者で、現在は株式会社CRAZYの取締役やCrimson Education 日本法人代表取締役社長を務める松田悠介氏に、社会課題を解決するリーダーの育成についてお話を伺った。

置かれた環境によって子どもたちの未来が左右されるのを変えたかった

――日本の教育格差の問題を解決する団体Teach For Japanを創設された経緯を教えていただけますか。

松田 私自身、中学生の時にひどいいじめにあった経験があります。誰も救ってくれない苦しい日々が続く中、幸いなことにそんな私に気づき、向き合ってくれる恩師に出会えたのです。教員が真剣に向き合ってくれることで、子どもの人生は変わるのだと実感しました。いじめにしろ、貧困にしろ、置かれた環境によって子どもたちの未来が左右されることがあってはなりません。私は大人になったら困難な状況にある子どもたちを救いたいと、強く思うようになりました。
大学を卒業すると、私を救ってくれた恩師と同じ体育の教員として、都内の中高一貫校に赴任しました。子どもたちはそれぞれが素晴らしい可能性を持っています。それを引き出せた時、また、子どもたちが変わっていく瞬間に立ち会えた時、大きな達成感を感じました。全力で向き合った子どもたちには、きっと何かを残せたのではないかと思います。子どもたちも私の情熱をしっかりと受け止めて、情熱を持って接してくれました。

しかし、どんなにがんばっても自分の影響力の及ぶ範囲は、自分の教室でしかありません。隣の教室をみれば学級崩壊をしている。疲れた教員は、生徒に背を向けて、ただひたすら教科書の内容を黒板に書いているだけ。他にもさまざまな課題に直面しました。それらをどうにかしたい。

そこでいったん、学校の現場を離れて考えを深める必要があると思うようになり、政策的な立場から教育を考えるため、千葉県市川市の教育委員会で分析官として活動させていただきました。

松田氏

Teach For Americaとの出会い

松田 このような経験を通じ次第に私の教育観も固まって行き、いっそのことそれを具現化できるような学校を創りたいと思うようになりました。学校を創るには、リーダーシップとマネージメントを学ぶ必要があります。それで海外の大学院に留学しようと決意し、ハーバード大学の教育大学院に進学しました。

そこで出会ったのがTeach For America(以下、TFA)です。アメリカ国内の一流大学の学部卒業生たちを、教員免許の有無にかかわらず大学卒業から2年間、国内各地の教育困難地域にある学校に常勤講師として赴任させるプログラムです。教える人が変わることで、子どもたちも変わっていく。派遣された教員は、子どもたちに接している2年間に、教育現場が抱える課題の構造を理解していきます。そして現場とは違う観点で解決する必要があると気づきます。
2年間が終了すると、引き続き教員を続ける者、教育委員会に入る者、政治家になる者、ビジネスマンに転身する者などそれぞれの場に進みます。ビジネスの観点で何をすればいいか、政策の観点で政治をどう変えていかねばならないか。社会全体を巻き込みながら、経験を生かして教育格差の問題を考え、変えていきます。私が学校単位にやっていたことを、社会全体の問題としてとらえている仕組みに感銘を受けました。

例えば、ルイジアナ州ニューオリンズ。以前は教育格差が大変深刻な地域でした。貧困率は約70%です。この数字は、アメリカ全体の貧困率が22%であることと比べると、いかに高いかが分かります。そこに2005年、ハリケーン・カトリーナによる大災害が起こったため、さらに状況が深刻になり、TFAが入りました。
その後13年がたって、環境は劇的に変わりました。学力も高くなり、「教育で何かやるならニューオリンズだよね」とか、「教育のシリコンバレー」とも言われるほどになったのです。
現在ニューオリンズでは、教員の約30%がTFAから派遣され、校長先生の半数がTFAの卒業生です。さらに数十の教育関係のNPOが立ち上がりました。常勤講師としての2年間を経験した人が、社会全体のリーダーとして育っているのです。ちなみにTFAは、2010年には全米文系学生の就職先人気ランキングで、GoogleやAppleを抑えてなんと1位となっています。

私はそれを日本に創ろうと7年前にTeach For Japan(以下、TFJ)の活動を開始し、2012年に正式にNPO法人として創設しました。日本にも深刻な教育格差があります。厳しい状況に置かれている子どもたちが放置されているのです。

松田氏

――米国と比較して日本特有の課題はありますか?

松田 一番の課題は、貧困の分かりにくさだと思います。例えば、アメリカの場合は、ニューオリンズ、ニューヨーク市のハーレムなど、そこに行けば貧困というものがはっきり感じられます。感じられると取り組む人たちが出てきます。

ところが日本の場合は、貧困層が分散していて分かりにくいのです。しかし、現状は7人に1人が貧困状態と言われています。日本の貧困率は、OECD加盟国で4番目に高い17%です。にもかかわらず感じ方が違うのは、日本ではどの地域にも、どの自治体にも貧困が存在していますが、分散され埋もれていて気づきにくいため、取り組みが進展しにくい状況にあるのです。また、日本にはそうしたネガティブな状況を隠す文化もあります。
そのような環境にTFJから先生を派遣します。TFAと同じように2年間、子どもたちと向き合うことで課題の構造を理解し、自分がどういう役割を果たしていくべきなのかをイメージし、その後社会の中に配置されていきます。このように教育の現場を体験し理解することで、変革に取り組むリーダーが育っていくことが重要です。

松田氏

教育に対する情熱と、学び続ける力を持つ

――教育の変革に取り組むリーダーに求められる資質とは、どのようなものでしょうか?

松田 まず大前提として、教育に対する情熱です。何事もそうですが、課題解決に対する当事者意識を持ち、情熱を持って課題と対峙する姿勢です。
2つ目は、学び続ける力。大人が学習し続けることで、いろんなフィードバックを吸収して自ら改善していくからこそ、子どもたちが学べる環境をつくることができます。学び方を教えるのが学校です。それを自らの行動で示す人材が必要です。
3つ目がコミュニケーション力。関係性を構築する力です。1人の教員にできることは限られており、周りの人たちのサポートが絶対に必要です。サポートを得るためには、コミュニケーション力を駆使して信頼関係を築かなければなりません。

そして、最も重要なのがリーダーシップです。物事を前に推進する力がないと意味がありません。他人だけではなく、自分自身をも主体的に導いていく力が重要です。
TFJでは、これまで80名を教育の現場に派遣してきました。外部の人たちを派遣して現場で摩擦はないのか、と聞かれることがあります。彼らは子どもたちが学ぶ教育現場を良くするために来ているのです。そこに摩擦は生まれません。謙虚に自分の役割を認識し、子どもに対する思いを大切にしながら、情熱を持って接しているので、周りの先生たちからも賛同が得られます。コミュニケーション力、関係構築する力、リーダーシップが発揮されています。

――これまでにどんな成果がありましたか?

松田 外部の知見が入ってきますので、さまざまな観点から教育者に求められているコーディネーション能力を磨き、活動することができました。ビジネスの世界もそうだと思いますが、どれだけ社内外のリソースを活用して成果を出すか、コーディネーターであることが重要です。TFJはさまざまな組織とコラボレーションした授業を行っています。
例えば、青年海外協力隊の先生と協業しアフリカの学校とSkypeを経由して国際交流をしたり、表現教育を推進しているNPOと連携をしてダンスの表現教育プログラムを実施したりして、そこから違った学びを生み出した先生もいました。コンセプトは、「今まで教育界にいなかった人を巻き込むこと」。世界47カ国のチームメンバーとも毎年情報交換を行い、グッドプラクティスの共有をしてさらなる新しい風や知見を取り入れています。

松田氏

教育現場の次は、「大人の改革」

――松田さんは、2017年に「株式会社CRAZY」(以下、CRAZY)の取締役に就任されました。新たな分野ではどのような活動をされるのですか?

松田 7年間のTFJでの経験を通して、課題解決をし続けるには1人では限界があると感じました。私と同じような理想を掲げて行動する人が世の中にたくさん増えていかねばなりません。TFJのスタッフや、教育現場に派遣されている仲間がそうです。私は、社会の課題解決をするための水脈を見つけ、そこに土台を築き、スキームを作りました。そこをこれから伸ばしていってくれる仲間も増えました。

では自分の次の役割は何かと思い、それを見つけるためにスタンフォード大学のビジネススクールに入り、これまで7年間の軌跡を振り返りました。気づいたことは、子どもは何1つ悪くないということです。子どもの課題を解決するためにどこに課題があるかと考えたら、それは全て大人にあります。多様性が重要だと言っている大人に限って多様性に対して保守的だったり、夢を持てと言っている大人に限って夢も志も持っていなかったりする。教育的メッセージを伝えたとしても、「あなた、夢ないじゃん。多様性受け止めてないじゃん」と子どもから言われてしまいます。大人が変わらなければいけないと実感しました。

松田氏

――具体的にどのような事業で「大人の変革」を行うのですか?

松田 どうすれば大人は、変革するのだろうと、ずっと考えてきました。私自身は、ビジネススクールや研修で変わったのだろうかと。
どこで変わったか? それは、入学、就職、転職、結婚、出産、人の死などのライフイベントでした。パートナーとどういう人生を歩んでいきたいのか、自分が一番大切にしている価値観は何か、就職の時に何を目指してキャリアを積んでいきたいのか、自分の志は何か、などを真剣に考えるタイミング、そこがすごく重要なのではと気づきました。

CRAZYの主力事業は、「人生を変える結婚式」のオーダーメードウェディングです。それは2人の人生を聞くところから始まります。喜怒哀楽、一番悔しかった瞬間、なぜ2人は一緒になったのか? これからどういう人生を共に歩んでいきたいのか? 2人の間の約束ごとは? 共有ビジョンをつくり、それをコンセプトに落とし込んだ上で、結婚式をデザインします。会場選び、演出、ドレスコード、食事など全て一貫してビジョンに沿ったものをお届けします。メッセージに一貫性が生まれれば心に残ります。1つたりとも同じ結婚式はありません。
もう1つ、お祝い事業も実施しています。表参道に専用の施設を造りました。例えば、誕生日会。年齢の数のロウソクを吹き消すだけでいいのですか? 手紙、感謝の思いを伝える場、改めて人生を見つめる場にしてはどうですか? こうした考え方を社員総会などにも活用してサービスを提供しています。

松田氏

人呼んで“教育界の松岡修造”。そう言えば熱き気持ちも雰囲気も、似ている。

自分のバウンダリー(境界線)を超えて行こう!

――松田さんはCrimson Education日本法人の代表取締役社長もなさっていますが、どういった活動をする会社ですか。

松田 留学支援をしています。海外留学、進学をオンラインでコンサルティングします。
志望校選択の支援だけでなく、今後の人生を考えた時に国外で勉強する可能性についての相談を受けています。日本人は、有名な海外のトップスクールしか調べません。そういった有名校だけではなくても、あなたのやりたいこと、自分の可能性を最大化するための進学先を一緒に考えます。目標が決まれば、テスト対策や小論文・インタビュー対策の支援も行います。完全オンラインでサービスを提供しているので、地方にいようがどこにいようが弊社のサービスを受けることができます。留学支援情報をYouTubeに無料で100本以上アップロードしていますので、そちらも自由にご活用いただけます。
例えば、ハーバード大学。年収1500万円以下の家庭は学費が無料になるケースもあります。経済的に厳しくても、能力がある人には可能性が開けているのです。今、世の中が欲しているのは、海外進学に対する正しい情報と合格を手にするための適切なサポートです。弊社のアメリカやイギリスのトップスクールの合格実績は世界トップクラスです。

――留学支援の目的はなんですか?

松田 将来的にはリーダーの育成です。1人でどれだけがんばっても、日本の教育問題を根本的に解決することは難しいと先に述べました。しかし、問題意識を持った人が100人、1000人と増えれば解決できる可能性が高まります。社会起業家をたくさん生むためには、日本だけの教育では限界があると感じています。海外に飛び出して、自分の思いや、自分の考えを見つめ直す。さまざまな環境や文化で育った多くの優秀な同級生との出会いは、圧倒的な視野の広さを得るとともに人生を変えるきっかけとなります。触れる情報が変わっていきます。また、客観的に外から日本を見つめることで、日本の良いところも再発見できます。私自身、日本の教育に限界を感じて日本を飛び出しましたが、日本の教育にも素晴らしいところがたくさんあると気づきました。算数(数学)、国語などといった学科だけでなく、給食、掃除当番など身近な1つひとつの学校生活が、子どもの教育にとって大切な意味を持っていると思います。視座が高い状態で、日本の可能性や社会課題に気が付く経験をしているからこそ、社会起業家が生まれてくると思うのです。

自分のバウンダリー(境界線)を超えて行く。会社という組織、日本という国、その境界線の内側にいると、自分の価値にも日本の良さにも気づきません。境界を超えて、多くの人と出会って、それぞれをつないでいき、新しい価値の創造に挑戦する大人や子どもたち。そうした人材の育成を支援していきたいと思っています。

松田氏

――多くのことを実現されてきましたが、これからの夢はなんですか?

松田 将来は、やっぱり学校を創りたいです。中学校か高等学校がいいですね。
これからまだまだいろんな経験を積んでいきながら、社会課題に取り組む人、子どもの課題を解決するリーダーをどんどん増やしていきたいです。
「最近の若者は…」などと言う大人にこそ、「あなたは、今、何にチャレンジしているんですか」と問いただしたいですね。「いや昔は、これだけがんばっていたよ」ではなく、60歳、70歳、80歳になっても自分の理想を追求する大人が増えてくれば、子どもは変わります。細かい教育の各論はどうでもいいんです。子どもは大人を見ていますよ。
子どもに対して「どうして言うこときかないの!」と思っている大人は、自分がそういう立ち居振る舞いを見せていませんか。つまらなそうな表情をしながら帰宅していないですか? そんな姿を見ていたら、子どものやる気が引き出されるはずありません。親が毎日、何かを学んでいたり、夢に向かってチャレンジしていたら、それに勝る教育はありません。生き方を示すのが究極の教育だと思っています。

TEXT: 栗原 進

松田悠介(まつだ・ゆうすけ)

Crimson Education 日本法人 代表取締役社長、 株式会社CRAZY 取締役、前・認定NPO法人Teach For Japan 代表理事兼CEO
1983年千葉県生まれ。2006年日本大学文理学部体育学科卒業。2009年にハーバード教育大学院、2018年にスタンフォードビジネススクールにて修士号取得。
中学校体育教員、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官、PwC Japanを経て、2012年に認定NPO法人Teach For Japan を創設、代表理事に就任。2017年、株式会社CRAZYに参画。2018年にCrimson Education 日本法人の社長に就任し、スタンフォード大学客員研究員を兼任。 日経ビジネス「今年の主役100人」(2014年)に選出。世界経済会議(ダボス会議) Global Shapers Community 選出。
著書に『グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」』(ダイヤモンド社)」がある。